食品、消耗品せどり・リサーチ・仕入れ・納品・出品申請・コツをサポートします。

ちゃんやまの楽チンせどり通信

Amazonマニュアル

【神速!】納品プランで賞味期限を入力せずに終了させる方法

更新日:

せどりの中で最もかったるいといわれているのが、納品ですよね。

中でも、要期限管理商品の納品はめんどくささでは断トツです。

そんなめんどくさい納品を神速で出来るワザを伝授いたします。

ほんの少しの工夫で月間にしたら何時間も作業時間を圧縮出来ますよ。

 

納品手順

神速①

納品プランを進めていくと、ラベル印刷の画面が出てきますね。

このラベル貼りですが、数が多ければ多いほどしんどくなります。

だったら、外注化しませんか?

Amazonに。

画像の赤枠で囲った部分ですが、

通常は「出品者」になってますので、ここを「Amazon」に変更しましょう。

ラベルシールを貼る手間が省けるだけで、そうとうな時間カットが出来ます。

 

ただし注意点があります。

・バーコード(JANコード)がある商品であること。

中古でも、JANコードがあれば利用出来ますが、裸の状態では利用不可です。

・セット物は利用出来ない

複数個セットに関しては、サービスを利用出来ません。

・Amazonに登録されているJANコードと完全一致している。

例えば、飲料に多いですが、単品用コードとケース販売用コードで違う場合があります。

確認方法は、セラーセントラルの在庫タブから、商品登録を選択。

納品した商品のASINで検索してみて下さい。

このように、JANコードが確認出来ます。

 

・費用がかかる

Amazonのラベル貼りサービスの利用には、

1商品あたり19円の費用がかかります。

ですので、あまりに薄利な商品に対して利用すると、更に薄利になるので注意して下さい。

 

このように、Amazonのラベル貼りサービスを利用すると、大幅に時間を短縮することが可能です。

短縮された時間を他の作業にあてて、日々効率化を図っていきましょう。

 

神速②

納品プランを進めていって、最後のページです。

通常は、このように消費期限の入力をしなければばりません。

しかも、Googlechromeには対応しておらず、FireFoxじゃないと入力が出来ません。

この部分を省略できるとしたら、素敵だと思いませんか?

それが、簡単に出来ちゃうんです。

 

手順は以下の通り。

納品プランの最終ページで、梱包に関してのタブを「輸送箱数【複数】」にして下さい。

 

次に、「輸送箱内の商品情報を提供出来ない場合」にチェックを入れます。

 

輸送箱の合計数は1にして、輸送箱の数を設定ボタンを押してください。

 

最後に配送ラベルを印刷して、輸送箱に貼り付けて、

納品プランを終了させて終わりです。

 

いかがでしょうか。

今までよりもずっと早いですよね。

 

徹底的に効率化を図り、無駄な時間を作らないことが大切です。

余った時間でリサーチをするなり、好きなことに使いましょう。

 

ただし注意点

この方法は、納品プランをかなりの時間短縮することが出来ますが、

消費期限の入力に関しては、やや裏技的な要素が強いです。

 

しかし、Amazonが、

輸送箱内の商品情報を提供出来ない場合

という項目を用意している以上、通用しちゃうのも事実なんです。

 

でも、この状態がいつまで続くか分かりませんので、

Amazonからの通知なり、情報には敏感でいて下さいね。

 

ラベル貼りサービスについては、裏技でもなんでもありませんので、

是非活用して下さい。

 

 


↑クリックで応援してしてね

 

 

 

-Amazonマニュアル

Copyright© ちゃんやまの楽チンせどり通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.