チョコレート取り扱い開始!でも仕入れてはいけないチョコレートがあります!

Amazonから既に通知が来てる方も多いと思いますが、

チョコレートの取り扱いがついに解禁されます。

 

昨年は、チョコレートに参入するせどらーが少なくて、

非常に美味しい思いをさせて頂きました。

 

正直言って、売れ行きは物凄いです。

食品せどりの醍醐味ともいえる、一日に何個も、

一人の購入者が何個も購入していく快感。

 

昨年、参入しなかった方は、

今年は是非ともご参加下さいね!

 

取り扱い期間

2017年9月25日(月)~未定

ということになってますが、

恐らく来年の3月末くらいが目途になります。

 

1年のうちのおよそ半分である半年間販売出来ますので、

これはやらない手はありませんね!

 

事前申請

チョコレートを取り扱うにあたり、

ひとつ面倒なのがこの事前申請ってやつです。

Amazonから来た通知に上記申請フォームのURLが記載されていますが、

取り扱う商品毎に一度申請する必要があります。

 

だいたい3営業日ほどで返信が来ますので、

返信がきたら、納品するという流れになります。

 

コツとしては、電脳の場合、商品を仕入れた段階で、

申請を出しておくということです。

 

そうすれば、商品が手元に届くころには、

Amazonから申請許可が降りているという感じですね。

 

何でも効率よく動いていきましょう!

 

チョコレートのリサーチ

一番簡単なキーワードとしては、

ズバリ「チョコレート」そのものです。

 

あとは、メーカー名やブランド名、

スーパーやドンキなどで実際に見に行ってみるのもいいですね。

 

有名ブランドを狙うのもいいですが、

案外普通のチョコレートがいけたりするので、

駄菓子系とかスーパーで普通に売ってるチョコとかを

リサーチするのも面白いです。

 

昨年爆発的に売れた、

高野フルーツパーラーのチョコレートや、

石チョコなどは、色んな情報発信者が既に流しているので、

今年は群がる恐れがありますので、

もし取り扱うのなら、スタートダッシュで逃げ切るくらいの

感じがオススメです。

 

他にはチロルの限定品や、

毎年冬に発売されるグリコの限定ポッキーなども面白いですよ。

 

仕入れてはいけないチョコレート

この世には仕入れてはいけないチョコレートがあります。

 

何故仕入れてはいけないのか。

それは、仕入てAmazonで販売すると、

警告の電話が直接くるからです。

 

そういう商品は取り扱っていいことはありませんので、

このブログを読んで下さっているあなたはやめておきましょう。

 

そのメーカーとはこちらです。

https://goo.gl/Q2vhgw

 

かなり有名なメーカーですね。

僕も昨年は限定品をかなり売って、かなり儲けさせて頂きました。

 

そういった意味では残念ではありますが、

アカウントを守る為にも、危険な仕入れはやめておきましょう。

 

チョコレートの納品要件

チョコレートの納品についての要件がいくつかあります。

 

・納品先FC:市川FC(NRT1)

昨年までは、市川FCに固定する必要がありましたが、

今年からは納品プランを作成した段階で自動的に市川に指定されます。

ですので、パートナーキャリア無料サービスを解除する必要はありませんので、

そのままお使い頂けます。

 

2018年10月より市川FCに加えて、八王子FCが納品先として追加されました。

また、パートナーキャリア無料サービスは2017年で終了しております。

(2018.10.21加筆)

 

・取り扱い可能サイズ

チョコレートの取り扱いサイズは、小型と標準サイズのみとなります。

大型は取り扱い不可の為、自己発送で対応しましょう。

どうしても大型のサイズを納品したい場合は、

パートナーキャリア無料を解除して、大型のFCを指定する必要があります。

 

・FC内での保管温度

倉庫内での保管温度は基本常温保管になります。

急に暑い日がきても、Amazonは責任は取ってくれませんので、

そこは自己責任になります。

万が一、チョコレートが溶けても補填対象外になります。

 

・事前申請

前述通り、取り扱いには商品毎に事前申請が必用になります。

一度申請した商品に関しては2度目の申請は不要です。

 

他の商品との納品は出来る?

チョコレート以外の要期限管理商品(食品以外も含む)と、

チョコレートを同じ輸送箱にして納品は可能か、

ということなんですが、

結論から言いますと、可能です。

 

チョコレート以外の要期限管理商品と一緒に

納品プランを作成すると、

例えば、市川と小田原に分かれちゃうとかいう

ことはありません。

 

前回申請したチョコレートは再申請が必用?

前回の取り扱い期間の際に申請した商品に関しては、

最申請の必要はありません。

(2017.9.28加筆)

 

2018年よりルールが変更となりました。

前年に申請したものでも、再申請が必要となりました。

(2018.10.21加筆)

 

まとめ

以上、チョコレートに関してまとめてみました。

1年のうちの半年間も販売出来る、

しかも相当数売れることが見込まれる商材ですので、

是非、取り組んでみて下さいね。

 

ただし、くれぐれもルールを逸脱することのないよう、

Amazonの規約に従って納品・販売を行いましょう。

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

小型・軽量商品プログラムに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録くださいませ。

3 件のコメント

  • ちゃんやまさんこんにちは^^
    いつも勉強させて頂いています!

    Amazonのセラーアカウントを取得して間もないですが、何事も経験!と思い、チョコレート販売にチャレンジしたいと考えています。
    そこで、よければ下記につきましてご教示頂けますと嬉しいです。

    前回の取り扱い期間の際に申請した商品は再申請不要ということは、今年申請して承認をもらった商品は、来年以降は申請なしで毎年販売してOKという理解で良いのでしょうか。

    また、チョコレートが中に入っていたり、外側にコーティングされていたりしても、チョコレート菓子ではなく駄菓子のカテゴリーで出品されているカタログの商品については、申請する必要はないのでしょうか。
    それともカテゴリは関係なく、チョコが使われている商品はすべて申請しないといけないのでしょうか。

    私もちゃんやまさんのように、広いアンテナを張って利益を伸ばせるように頑張ります!
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • ご質問有難うございます!

      チョコレートの納品についてですが、
      確認しましたところ、今年からルールが変更となり、昨年申請したものでも再申請が必要とのことでした。

      チョコレートが中に入ってたり、駄菓子カテゴリのものについてですが、
      商品の裏面の成分表などが記載されているところに、保存方法として温度管理があればチョコレートの申請が必要になります。
      ポイントは「温度管理」になります。だいたい28℃以下で保存と書いてあります。

      ご参考になれば幸いです。

      • ちゃんやまさんこんにちは!
        わざわざ調べてくださったのですね。。
        ありがとうございます…感激です(T-T )

        せっかく教えてくださったことをムダにしないように頑張りますっ!
        これからも色々と勉強させてください。
        更新を楽しみにしています(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください