食品、消耗品、電脳せどりのリサーチ・仕入れ・納品・出品申請・コツをサポートします。

電脳せどり通信

Amazonマニュアル

アカウント閉鎖に備える!サブアカウントの作り方講座

更新日:

 

近頃は、Amazonの規制強化や、
メーカーからの商標権侵害や知的財産権の侵害の申立、
アカウントスペシャリストによる真贋調査、
アカウントの健全性の悪化などなど、
アカウントの閉鎖は日常に起こりうる状況です。

 

まともに運営していれば大丈夫だろう。

そんな気持ちも分かりますが、
しかし、僕らがせどりをやっている以上、ずっとついて回る問題です。

 

なぜなら、せどりは、
正規取引ではなく、本来であれば新古品扱いである、二次流通品を取り扱う、とてもグレーな商売だからですね。

 

ですから、いつ閉鎖になってもいいように、サブアカウントを作って、有事に備えておくことが大切です。

 

基本は一人1アカウント

規約上、Amazonでは、1個人が作れるアカウントは1つまでと決まっています。

ちなみに法人の場合は複数アカウントの作成が認められています。
食品なら食品というように部門ごとに専門化することが出来ますが、
ひとつのアカウントが閉鎖になれば、連鎖的に全てのアカウントが閉鎖になります。

しかし、あることを気を付けることで、簡単にアカウントを複数持つことは可能なんです。

 

なぜ複数持つ必要があるの?

複数アカウント作成法を解説する前に、
なぜ複数アカウントを持つ必要があるのか、
そのメリットを解説しておきましょう。

理由は以下の通り

・規約違反によるアカウント停止・閉鎖・凍結・削除に対する対策

・アカウントを分けることによりカテゴリ別に専門化できる

特に最初の理由が一番大きいですね。
近頃のAmazonは、規約がころころ変わります。
以前はよかったものが今日から駄目になること多いですよね。

また、メーカーによる商標権の侵害や知的財産権の侵害の問題。
家電カテゴリなどはもうせどりは無理なんじゃないかと思われるくらいに、
厳しい規約になってきてます。
(せどらーじゃ入手不可能な販売許可証の提示)

そんな中、あなたのアカウントが、
いつどんな形で停止・閉鎖・凍結・削除されるか分からないのが、
今のAmazon転売の状況と言えます。

それに備えるためにも、
サブアカウントの作成は大切になってくるわけです。

ご理解頂けたら、作成法に進みましょう。

 

サブアカウント作成で必要なもの

サブアカウント作成にあたり、差し当たって必要なものがあります。

それは、メインアカウントとは全く違う以下のものです。
※過去にメインアカウントに登録したものや、購入用アカウントに使用してるものも不可。

・店舗名

・担当者名

・住所

・メールアドレス

・電話番号

・銀行口座

・クレジットカード

・パソコンのIPアドレス(通信)

 

どれかが、過去に一致しても大丈夫な方もいますが、
それはアカウントスペシャリストの裁量によるものなので、
あくまで上記8項目を用意しましょう。

ひとつずつ解説していきます。

 

店舗名

メインアカウントとは別の店舗名です。
気を付けなければならないのは、過去につけた店舗名を忘れてつけてしまうこと。

案外忘れがちなので気を付けて下さい。

 

担当者名

メインアカウントで、現在も過去にも登録したことのない人物にしましょう。
家族や親族、友人がベストです。

架空人物は本人確認をされた時に困るのでやめましょう。

 

住所

メインアカウントとは別の住所を記載して下さい。
事務所がある方は事務所住所でもいいですし、実家の住所や、伴侶の実家でもいいです。

また、バーチャルオフィスやレンタルオフィスを借りて、
住所登録することも可能です。

事務所を含めて本住所を知られたくない場合は、こちらがいいでしょう。

Googleで検索をすると、沢山ヒットします。
住所だけを利用するので、なるべく安い方がいいですね。

 

電話番号

メインアカウントとは別の電話番号の登録ですが、
ご自身の別携帯や、自宅の固定電話、親族の電話などにすると、
実際に問い合わせが入った時にかなり面倒になります。

ですので、無料で利用出来る電話番号を利用しましょう。

こちらは、
Fusion IP-Phone SMARTという、
受信だけなら無料で利用出来る電話番号を無料で持てるサービスです。

電話番号をいくつでも作成出来るので、
Amazonの特商法の記載にもとても有効です。

メインアカウントを自前の番号にしてる方は、
これを機会に変更しておくことをオススメします。

 

メールアドレス

アドレスがいくつでも作成出来るgmailやyahooメールで、
新たに作成しましょう。

最近は、ビジネスでもgmailを使っている会社もありますので、
gmailの方が見た目がいいかもしれません。

 

銀行口座

銀行口座の名義については、別にした方がいいという意見と、
同姓同名なんて沢山存在するから大丈夫だし、実際そうしてるという意見とあります。

慎重に進めるなら、家族や親族名義の口座がベストです。
楽天銀行など比較的簡単に作れる口座を新たに設けるといいですね。

口座開設をする場合は、ハピタスを経由すれば、ポイントバックがあります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

クレジットカード

クレジットカードについても、銀行口座同様です。

同じ名義でも問題なく使えてる人は沢山いるので、大丈夫かとは思います。
ただし、過去に一度でもメインアカウント及び購入用アカウントで利用したものは避けて下さい。

ご家族から借りる場合は、
利用しないことを約束して、楽天などの比較的審査の甘いカードを新規で作成するのも手です。

作成する際には、ハピタスなどを通して作成してポイントバックを受けて下さいね。

 

パソコンのIPアドレス(通信)

メインアカウントで利用しているネット回線とは完全に違うものにしなければなりません。

方法はいくつかあります。

・スマートフォンのテザリング

・ポケットWIFI

・事務所があるなら事務所で操作する

・仮想デスクトップの利用

 

テザリングをしょっちゅう利用すると、通信制限の問題もあるので、
ポケットWIFIか仮想デスクトップを利用するのがベストです。

過去にアカウント閉鎖させられた私の友人が、サブアカウントをスマホで、
自宅のWIFIにうっかり繋いで見てしまい、Amazonに紐づけされてバレてしまい、
閉鎖させられたケースがあるので、完全に別にした方がいいですね。

 

取扱商品

メインアカウントと、サブアカウントの取扱商品が、
結構な割合で被った場合、それが原因で紐付けられてアウトということがあります。

メインアカウントは消耗品。
サブアカウントは中古専門。

というように、並行して運営していく場合は、取り扱い商品を別にしましょう。

 

リスクヘッジをするということ

最後に、Amazonを取り巻く環境や規約は常に変化しています。

Amazonに頼らない販路を見出したり、
Amazonで販売するならサブアカウントを作成することで、
常にリスクに対する備えをしておく必要があります。

アカウント閉鎖をされると、90日もの間、売り上げも凍結されます。
法人成りしていてAmazonに頼ってる方は倒産だって考えられます。

ですから、常にリスクを考えるクセをつけること。
情報に敏感になることは、とても大切なことです。

そのうえで、気持ちよくビジネスしていきたいですね。

 

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアル

 


↑クリックで応援してしてね

 

↓ クリックでメルマガ登録!

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアルプレゼント中!

-Amazonマニュアル

Copyright© 電脳せどり通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.