食品、消耗品、電脳せどりのリサーチ・仕入れ・納品・出品申請・コツをサポートします。

電脳せどり通信

Amazonマニュアル

巧妙な詐欺サイトの見破り方!

更新日:

 

電脳せどりにおいて、注意しなければならないのが、

詐欺サイト

の存在です。

楽天市場やYahoo!ショッピングが主な仕入れ先ではありますが、
時には、もっと安いショップはないかと、Googleでリサーチをする場合があります。

そうすると、高い確率で詐欺サイトが検索上位に表示されます。

サイトの作りは巧妙で、値段も安いため、ついつい仕入れを考えてしまいますが、
その行為は非常に危険なんです。

そんな詐欺サイトの見分け方を解説いたします。

 

見分け方① 会社概要を見る

詐欺サイトの多くは会社概要の内容がおかしなものばかりです。
例としてこのサイトの会社概要を見てみましょう。

 

おかしな点分かりますか?

おかしな点は以下の通り。

・会社名の記載がない
・会社の住所の記載がない
・電話番号の記載がない
・代表者の記載がない

これは完全に特商法に違反してますね。
完全に怪しいサイトですので、すぐに購入してはいけません。

 

見分け方② クレジットカードが使えるか

クレジットカードが使えるということは、
社会的信用を得ている証拠ですが、多くの詐欺サイトは、
表向き使えるように表示されています。

これは実際に経験したことですが、
支払い方法として、クレジットカードを選択したにも関わらず、
結局、銀行振り込みしか選択肢がなかったことです。

この時点で既におかしいですが、
疑わずに、まあいいか、と振り込みを行うと、大変なことになります。

商品は全く送ってこずに、お金だけ取られる、ということですね。

しかも少額なので、こちらも諦める。
詐欺師の思うつぼです。

 

ただし、クレジットカードが使えるからといって、
必ずしも信頼できるとは限りません。

後で、紹介するサイトですが、
クレジットカード情報を抜き取る、フィッシングサイトも存在します。

以下の見分け方も合わせて総合的な判断が大事になってきます。

 

 

見分け方③ 日本語がおかしい

詐欺サイトの多くは、中国系です。
サイトを見て以下のようなことが該当したら詐欺サイト確定と言っていいでしょう。

・漢字に中国の漢字が使われている
・日本語の文法がおかしい
・全体的にワードで作ったようなサイトの作り

最近は巧妙になってきましたが、まだまだこういったサイトは残ってます。

 

 

見分け方④ 妙に安い

 

多くの詐欺サイトの共通点として、その安さがあります。
たいてい40%オフとか半額だったりします。

上記のように、一律20%オフのものもあります。

そういう数字を見た瞬間に疑って下さい。

訳アリでもない限り、問屋より安いのはあり得ません。

 

 

巧妙な詐欺サイト

しかし、巧妙なサイトは存在します。

http://www.mmmstore.top/

こちらのサイトになりますが、なかなか巧妙に出来ています。
※絶対に購入しないで下さいね!

会社概要のページを見ると、
一見まともそうな会社に見えますよね。

しかし、これがとんでもない詐欺サイトだったんです。

巧妙な詐欺サイトの見分け方

では、そのような巧妙な詐欺サイトをどう見分けるのか。

とても簡単です。

「会社名 詐欺」 「代表者名 詐欺」

という具合で、Googleで検索してみましょう。
すると、上記のように、フィッシング詐欺だとか、偽サイトだとか、
注意喚起をするサイトが沢山出てきました。

過去に被害にあった人の報告だったりをまとめたサイトが沢山あります。

こういうところに出てくるサイトは間違いなく詐欺サイトです。

また、会社住所でGoogle検索しても同じような結果が出たり、
あるいは、全く関係ない住所だったりますので、
住所を検索するのもひとつの手です。

一見、なんの問題もなさそうなサイトでも、
楽天やYahoo!ショッピングなどの有名なショッピングサイトに属していない、
初めて見るようなサイトを利用する前には、
必ず、会社名や代表者名、住所などをGoogleで検索するクセをつけて下さい。

騙されてからでは遅いですからね!

 

 

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアル

 


↑クリックで応援してしてね

 

↓ クリックでメルマガ登録!

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアルプレゼント中!

-Amazonマニュアル

Copyright© 電脳せどり通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.