食品、消耗品、電脳せどりのリサーチ・仕入れ・納品・出品申請・コツをサポートします。

電脳せどり通信

確定申告・税金

プライスターを使った超カンタン棚卸!

更新日:

 

3月15日

↑確定申告の締め切り日ですね。

もう準備完了された方、これからやる方、

いらっしゃると思いますが、その中でも一番面倒くさいことのひとつとして、

棚卸が挙げられると思います。

もっと簡単に出来ないものか・・・。

実は、私自身、エクセルを使って、アナログでかなり面倒なことやってました。

しかし、価格調整ツールであるプライスターを利用することで、

簡単に棚卸が出来る方法があったんです。

 

こちらでは、その簡単な方法を解説していきます!

 

棚卸概要

カンタン棚卸の手順に進む前に、

カンタンな説明をしておきます。

 

やって頂く手順は以下の通りです。

①プライスターから昨年1年間に売れた商品データを抽出する。

②Amazonセラーセントラルから、昨年末時点での在庫状況のデータを抽出する。

③①で抽出した仕入れ値情報を②に付き合わせて、棚卸金額を出す。

以上が手順になります。

 

ポイントとしては、プライスター側に、仕入れ値情報を入力する点にあります。

現在、プライスターを使用している方は、もう入力が済んでる方もいると思いますが、

これから導入する、したい方は、ひとつひとつ入力していく必要がありますので、

今更面倒だという場合は、ここでこのブログを閉じて下さい。

 

では、事項から手順を説明していきます。

 

手順① プライスターから仕入れ値情報を抽出する

プライスターの入手はコチラから

 

まず、プライスターにログイン後、

サイト上部にあるメニューから売れたものをクリックして下さい。

 

次に、集計期間を選ぶで期間を指定します。

執筆時は2018年ですので、昨年(2017年)1年間のデータを抽出するため、

期間を 2017/01/01~2017/12/31 と設定します。

 

最後に、ページ右側にある、売れたものリストのダウンロードボタンを押して、

データをダウンロードして下さい。

 

商品名が実際に表示されているのでモザイクをかけさせて頂きましたが、

商品名や売れた個数などが記載されたデータがテキスト形式で抽出されました。

 

デスクトップなど分かりやすい場所に保存して、次の手順に移ります。

 

手順② Amazonセラーセントラルから昨年末時点での在庫データを抽出する

続いて、Amazonセラーセントラルから、

2017年末時点での在庫データを抽出します。

 

セラーセントラルのメニューよりレポートを選択。

レポート内のメニューからフルフィルメントをクリックして下さい。

 

フルフィルメントのページに進みましたら、

ページ右側メニュー内「在庫」の項目で、表示を拡大をクリックします。

 

メニューが下方向に拡大されますので、

その中から、在庫スナップショット(日次)をクリックして下さい。

 

ページ右側に、上記が表示されたら、

ダウンロードタブをクリックしましょう。

 

レポート期間を日付にして、開始、終了ともに2017/12/31と入力して下さい。

※年末の在庫状況のデータが必要だからです。

入力が終わったら、ダウンロードのリクエストボタンをクリックして下さい。

 

データの抽出には数分間かかります。

上記のような表示が出ましたら、レポートのステータス下の、

ダウンロードボタンをクリックして、データをダウンロードして下さい。

 

すると、昨年末時点での在庫データがエクセル形式でダウンロードされます。

そちらをデスクトップに保存しましょう。

 

手順③ プライスターのデータとAmazonのデータを組み合わせる

ここからが本番です。

プライスターから抽出した昨年1年間の売れた商品データと、

Amazonセラーセントラルから抽出した昨年末時点での在庫データを組み合わせます。

 

事前準備として、

セラーセントラルから抽出したエクセルデータと、

プライスターから抽出したテキストデータを開いておきましょう。

 

エクセルシートの下に、

orders_20180208とあるのがセラーセントラルから抽出したデータになります。

その隣にあるsheet1をクリックして開いて下さい。

 

そちらに、プライスターで抽出したデータを貼り付けます。

まず、抽出したテキストデータを開いたら、

テキストファイルに掲載されている全ての文字を選択してコピーします。

キーボードの Ctrl + A で全てを選択出来ます。

※商品名が書かれているため、モザイクをかけてあります。

 

続いて、エクセルのCheet1の左上のA1セルをクリックして、

そこにコピーしたデータを貼り付けます。

キーボードの Ctrl + V で貼り付けすることが出来ます。

 

※商品名が書かれているため、モザイクをかけてあります。

すると、Sheet1にプライスターのデータを綺麗に貼り付けることが出来ました。

 

次に、Sheet1のI2のセルに関数を入力します。

 

エクセルのバージョンにより表示が異なりますが、

I2セルにカーソルを合わせた状態で、関数の挿入をします。

 

使用するのは、VLOOKUPという関数になります。

VLOOKUPを使って、Amazonから抽出したデータを、プライスターから抽出したデータに、

取り込んで、棚卸金額を自動計算します。

 

VLOOKUPの詳細に関しては、こちらを参照ください。

https://support.office.com/ja-jp/article/vlookup-%E9%96%A2%E6%95%B0-0bbc8083-26fe-4963-8ab8-93a18ad188a1

 

 

関数の検索窓に、VLOOKUPと入力して、検索開始ボタンをクリックすると表示されます。

 

 

VLOOKUPの編集窓が表示されますので、上から順に埋めていきましょう。

まず、検索値にC2と入力して下さい。

C2はSheet1にある、商品SKUのデータになります。

このデータを元に、Amazonのデータを引っ張ってくるイメージです。

 

続いて、範囲を設定します。

上記のように入力しますが、orders_20180208の部分は、

Amazonから抽出したファイル名になるので、各人で書き換えて下さい。

 

orders_20180208!E:I

意味は、orders_20180208シートのE~I列の範囲ということです。

 

orders_20180208シートではこのように選択されます。

 

続いて、列番号を入力します。

列番号には5と入力して下さい。

 

列番号はこのようにAから順に1となっています。

今回合わせるのはSKUの項目なので、C列=3となります。

 

最後に、検索方法に数字の0(ゼロ)を入力して、OKボタンをクリックして下さい。

 

すると、Sheet1にAmazonセラーセントラルから抽出した、

指定SKUに対する仕入金額が自動表示されました。

 

次に、J列の2のセルに、売れた金額x個数を表示させるため、

数式を入力します。

 

売れた数はE列に表示されてますので、

=E2*I2

と入力することで、掛け算式を入力できます。

 

※ * はキーボードの数字キーの右上にあります。数式のx(掛ける)の意味があります。

 

 

最後に、下の段にも同様の数式をコピーしていきます。

コピーの仕方は、I列2のセルの右下角にカーソルを合わせて、

右クリックをしたまま(ドラッグしたまま)、

下に引っ張っていくことで、I列2のセルに入力された関数が、

下の段に全てコピーされていきます。

 

 

隣のJ列も同様に、下段に数式をコピーしていきます。

 

データの中には、上記のようにエラー表示されるものがあります。

これは、参照しているデータに情報がない場合に表示されます。

この部分に関しては、個別にチェックして数字を入力していって下さい。

 

最後に、J列(棚卸在庫金額)の合計を出しましょう。

自動計算をするには、SUMという関数を使います。

J列の一番下の空白セルにカーソルを合わせて、関数を挿入しましょう。

関数の検索窓にSUMと入力して、検索開始をすると出てきます。

 

 

数値1に選択範囲を入力します。

J列の一番上の数字のあるセルから、一番下の数字のあるセルを選択すると、

上記のようになります。

※ここは個人によって範囲が変わってきます。

 

OKボタンを押すと、このようにJ列の合計金額が自動計算されました。

 

こちらが在庫棚卸の金額になります。

税理士にこちらの数字を申告すればOKです。

 

 

プライスター以外にも応用可

今回はプライスターでの棚卸しのやり方をご説明しましたが、

同様のデータがあれば、例えばマカドでも可能です。

 

お手持ちのツールで、同様の機能を探し出して、同様の手順でやれば、

素早く棚卸しすることが出来ますよ。

 

まだ使ったことがないというかたは、この機会に導入してみていかがでしょうか。

 

プライスターの入手はコチラから

 

マカドの入手はコチラから

 

 

さいごに

用語は難しいかもしれませんが、順を追ってやっていけば、

それほど難しい作業ではありません。

 

実際、これを覚えてからは、棚卸にかかる時間が圧倒的に減りました。

 

せどりにおいて、作業の効率化はとても大切なことです。

無駄な時間を効率化して、その時間を他のことに使って下さいね。

 

 

 

 

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアル

 


↑クリックで応援してしてね

 

↓ クリックでメルマガ登録!

小型・軽量商品せどりスタートアップマニュアルプレゼント中!

-確定申告・税金

Copyright© 電脳せどり通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.