Amazon刈り取りは終了?『新品』コンディションに関わるAmazon新基準についてのポイントとは?

 

最近、Amazon規約に厳しい事項が追加されたって話が

周囲で聞こえてきますが、もう確認されてますか?

新しく規約に加わったのは、

「新品」として出品禁止の商品。

 

 

・個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品

 

・メーカーが提供する保証がある場合、

保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と

同様のメーカー保証を購入者が受けられない場合。

 

・Amazon.co.jp上で仕入れた商品(マーケットプレイスを含む)

 

 

以上の3点が新たに加わった規制になります。

色んなメルマガで色んな情報が出てましたが、

ちょっと本質から外れてるものも多かったので、解説します。

 

 

 

個人から仕入れた商品

ようするに、ヤフオクやメルカリなどで仕入れた商品ですね。

人から譲渡された商品もこれに含まれます。

 

こういった商品に関しては、

コンディションとしてはほぼ新品として出品がルールです。

 

ただし、『個人事業主を除く』とありますので、

例えば、ヤフオクやフリマアプリなどでも、

事業者からなら仕入れても大丈夫だということになります。

 

ただし、これについては落とし穴がありますので、

後で解説しますね。

 

 

 

正規の保証があるのか

これについてしっかりと触れているメルマガが皆無だったので、

しっかり解説したいと思います。

 

ようするに購入者が購入した商品に、

メーカー保証がしっかりとついているのかという点ですね。

 

これが無い商品に関しては『新品』のコンディションで出品した場合、

完全にアウトということになります。

 

例えば、ハードオフやヤフオクなどで

『未開封』の家電やおもちゃを仕入れて『新品』コンディションで

販売することは規約違反ということです。

 

この規約に関しては、完全にせどらー対策という感じがします。

 

これに関しての落とし穴は後々解説致します。

 

 

 

Amazon.co.jp上で仕入れた商品

いわゆる『Amazon刈り取り』商品ですね。

 

刈り取りせどらーは驚きを隠せなかったのではないかと

思いますが、ようはこれも結局は上記で書いたように、

『メーカー保証が受けられるかどうか』

これに尽きるんじゃないかと考えます。

 

メーカーは、問屋など正規ルートで購入したもの以外、

つまり転売品などで、メーカー保証を求められるケースが

相次ぎ、問題視していた経緯があります。

 

Amazonとしても、今後は正規ルート品じゃないと

駄目ですよ、っていう姿勢を強めたということですね。

 

まあ、当然っちゃ当然の話です。

今までの規制の流れを見ていれば、いずれこうなることは、

見えてましたし。

 

じゃあ、何が問題なのか。

先ほどから言っている落とし穴とは何か。

 

解説していきます。

 

 

 

今回の規約の本質

たとえば、ある購入者があなたから商品を購入したとします。

 

しかし、何かの不具合で、その商品に関してメーカー保証を

求めたところ、メーカーから、正規品じゃないから保証不可、

との返答を受けてしまった。

 

するとその購入者は次に何をするか。

Amazonのカスタマーサポートに連絡をしますよね。

 

そしたら次に何が起きるか。

 

Amazonからあなたの元へこんな通知が来ます。

【真贋調査】

この通知が来た場合、

あなたの取り扱った商品が、正規品であると証明するために、

メーカーあるいは、卸問屋から発行された『請求書』を

提出する必要が生じます。

 

さて、ここで問題発生です。

実は、あなたが仕入れた商品が、ヤフオクやメルカリで

個人から仕入れたものだったり、ネットショップから、

あるいはAmazonで刈り取ったりした商品だった場合、

『領収書』だったり『納品書』はありますが、

『請求書』ってありませんよね。

 

無いということは、提出が不可能。

つまりいきつくところは

【アカウント停止】

ということです。

 

 

 

新品せどりはもう終わりか

じゃあ、新品家電やおもちゃ、化粧品のせどりはもう終わりなのか。

ヤフオクやメルカリ、Amazon刈り取りももうやっちゃ駄目なのか。

って話ですが、そこまで深刻に考える必要はありません。

 

そもそも、販売した商品の仕入先が、ヤフオクなのかメルカリなのか、

あるいはAmazon刈り取りなのか、ネットショップからなのか、

それをAmazonが調査することは不可能です。

 

ある日突然、あなたの扱ってる商品は『刈り取り商品』だから、

あなたのアカウントを閉鎖しますって話になることはないです。

 

今回問題になるのは、上記で書いたように、

あくまで商品に何か問題がおきた場合、アカウントスペシャリスト

から連絡が来て、真贋調査まで発展した場合です。

 

ですので、今あなたがヤフオクとかメルカリ、

あるいはAmazon刈り取りをしていたとしても、

そこまで深刻に考える必要はありません。

 

しかし、Amazonの規約違反をしている、

ということは間違いありませんので、そこは頭に入れておいて下さい。

 

僕が主に取り扱っている食品や消耗品に関してですが、

実は今回の規約には無関係ではありませんが、

殆ど影響が出ないものと考えてます。

 

特に食品に関しては、初期不良とかそういったものが無いので、

購入者が多少気に食わなかったとしても、返品・返金対応で

済むことが殆どです。

 

ドラッグストア系にしても、真贋調査が来るのは、

商標権を侵害したときくらいですね。

 

ですので、特に食品をメインでやってる方は、

あまり深刻にとらえて、リサーチの手が止まらないようにお願いします。

 

 

 

せどりから小売りへの転向のススメ

今回の新規約は、せどらー排除というよりも、

責任の所在がはっきりしないセラーを排除するという色が強いです。

 

ですから、今はせどりに取り組んでる方でも、

将来的には、問屋やメーカー取引へ発展させていく、

そういったことを意識した方がいいなとも感じますね。

 

当然っちゃ当然の話ですが、

メーカーや卸からまっとうに仕入れる

これが強いし、今回のようなAmazonの規約に怯える必要のない、

スタイルです。

 

今後、長く商売を続けていくうえで、

是非、あなたも考えてみて下さいね。

 

以上、今回のAmazonの新規約についてまとめました。

最後までお読み頂き、有難うございました。

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

小型・軽量商品プログラムに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください