【Amazon】納品プランがこっそりマイナーチェンジ!知らないと地味にダメージを受ける新ルールとは?

Amazonマニュアル

こんばんは、ちゃんやまです。

AmazonのFBA(大口出品)を利用していれば、必ず行うのが納品プラン作成

その納品プランですが、2020年4月29日にこっそりとマイナーチェンジが行われていたことはご存知でしょうか?

このマイナーチェンジは納品プランを作成していて偶然しったことなのですが、知らないと地味にダメージを食らう変更内容でした。

今回は、納品プランに関わる、地味な変更点についてまとめてみました。

 

数量の変更時に注意!

地味な変更点とは、納品プランを最後まで進めていった時の商品点数の修正に関することです。

 

このように、各商品の納品する商品点数が表示されていて、もし点数に誤りがあった場合に修正をすることが出来ますが、例えば一番上の20個を30個に変更するとします。

 

すると

このような表示が出て、修正が出来なくなりました

これが、Amazonが2020年4月29日からスタートさせた新ルールなのですが、いったいどういうことか?そのあたりをテクサポに確認してみました。

 

納品プランの新ルール

2020年4月29日から、納品プランを作成して最後まで進めた場合、商品点数の修正に新ルールが追加されました。

数量の変更に関しては

納品プラン新ルール

・元の数量の5%の範囲内、またはプラスマイナス6の範囲内でなければならない。

という新たなルールが追加されため、大幅な数量の変更が出来なくなりました。

例えば元の数量が20だった場合、

プラスマイナス6の範囲内なら14~26が変更可能な数量となります。

5%の範囲内の場合は、19~21が変更可能な数量となります。

いずれにしても、最大でプラスマイナス6までしか変更出来ないことになってしまいました。

 

ちなみに、このことはセラー全体に通知されたのか確認したところ、セラーセントラルでもAmazonからの通知でも一切告知は無く、内部的に勝手に変更となったようです。

 

大幅に数量を変更したい場合

では、プラスマイナス6、あるいは5%の範囲内を超えて大幅に数量を変更したい場合はどうするか。

その方法はたったひとつ。

納品プランの作り直し」するしかありません。

面倒ですが、現在の納品プランをコピーして、正しい数量を入力するようにしましょう。

 

既に発送した後の場合はどうする?

納品プランを完成させて、既に倉庫に発送した後に、数量の誤りが発覚した場合はどうしたらよいか?

その場合は、納品プランの作成し直しはもう出来ませんので、そのまま発送するしかありません。

この場合は、倉庫側で棚入れの際に実際の数量を確認し、差異がある場合は修正を行います。

ただし、デメリットが2点あります。

 

受領に時間がかかる

実際の納品プランの数量と、倉庫に届いた商品の数量に差があると、倉庫側の人間が確認するのに時間がかかってしまうため、なかなか受領が完了しないということが起きます。

販売機会が多少でも失われる結果となります。

 

一時的に納品プラン作成に制限がかかる

Amazonでは、納品に不備があると、その商品について新規の納品プラン作成に制限がかかります。

このようなタイトルのメールが来た経験のある方もいると思いますが、実際にどのような不備があったのかをチェックして、確認ボタンを押さない限り、同商品の新規プランの作成は出来なくなりますので、Amazonからの通知はしっかりチェックするようにしてください。

 

対策

たかだか数量の誤りと思うかもしれませんが、上記のとおり、受領に時間がかかることで販売機会の損失があったり、同じ商品の納品作成に制限が設けられたりと、地味にダメージがあります。

商品点数に関しては、納品プランを最後まで進める前にしっかりと正確な数字を確認しておくことが大切です。

スムーズな受領をしてもらうためにも、しっかり確認しましょう。

 

 

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

ヤフオク全頭ツールに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録ください。

公式LINE登録で、電脳リピートせどりコンサルのコンテンツサイト無償提供など、限定特典をプレゼント中!