【Amazon新サービス】置き配で盗難にあったら|テクニカルサポートに対処法を聞いてみた

新しくスタートしたAmazonの置き配ってとても便利そうな反面、盗難に遭うことが増えそう。そんな時はどこに相談したらいいの?購入代金はどうなるんだろう?

本記事では、こんな疑問にお答えします。

 

2019年から始まった、Amazonの新サービスの「置き配」ですが、万が一盗難にあったらどうすべきか、出品者として考えたことはありますか?

置き配は、配達方法のひとつとして購入者が選択出来ますが、もし盗難に遭った場合、出品者としてなにか責任が生じるのか?補填は?

気になるところをAmazonに聞いてみました。

 

置き配で盗難にあったときの対処法

ここからは置き配に関する解説と、実際に被害にあった場合の対処法を、テクニカルサポートに聞いたことを元に、解説していきます。

 

置き配とは

昨年(2019年)から始まった、Amazonの新サービスです。

購入者が配達方法のひとつとして選択出来て、本人が不在であっても、玄関前や宅配ボックス、ガスメーターボックス、時短者かご、車庫、建物内受付などに購入した商品の輸送箱を置いてもらうことが可能になりました。

これにより、不在配達の手間がなくなり、購入者にとっては利便性が向上しました。

サービス対象エリアは今も拡大中で、かなり広い範囲で利用することが出来るようになりました。

サービスの更に詳しいことはAmazonのページをご覧ください。

Amazon|置き配についての解説ページ

 

置き配した商品が盗難された時の補償について

玄関前や自転車のかごなど、置き配した場所によっては、ちょっとしたスキに盗難にあうことも考えられます。

では、万が一盗難されてしまった場合、補填はどうなるのか

その点についてAmazonに聞いてみました。

このように、もし置き配の荷物が盗難に遭った場合、基本的にAmazonが補填をしてくれるということです。

こちらについては、Amazonの置き配に関する概要にも記載があります。

置き配を指定し、配送状況画面で「お届け済み」となっているのに商品が届いていない場合など、お客様から状況をお伺いし、商品の再送や返金に対応いたします。

引用元:Amazonの置き配に関する概要

 

保証については基本的に盗難を想定しているようですが、例えば輸送箱が雨に濡れてしまった場合であっても、しっかり状況を説明することで補填してもらえる可能性があります。

 

また、よくあることですが、このことが原因で購入者から評価1をもらうことがありますよね。

その場合は、担当部署に相談ということになるようですが、基本的に、販売者側の責任ではありませんので、削除してくれる可能性があるようです。

 

Amazonの置き配で盗難にあった場合の補償の申請方法

万が一、置き配で盗難に遭ってしまった、輸送箱が雨に濡れてしまって商品が使い物にならなくなった場合には、まずはAmazonのサポートに確認をしてみてみましょう。

そこで詳しい事情をしっかりと説明をして、補償・補填をしてもらいましょう。

Amazonサポートセンターへの連絡方法は以下の記事をご確認ください。

Amazonの電話番号って知ってる?Amazonに電話やチャットで問い合わせをする方法を解説!!

 

 

 

まとめ

購入された商品の配送方法に置き配が選択されたが、商品が盗難にあったり、輸送箱が雨に濡れてしまった場合

置き配で被害にあったら
  • 商品代金は45日以内にAmazonが補填してくれる。
  • このことが原因で評価1など悪い評価をもらった場合は、その旨相談すること。

 

以上、慌てることなく、すぐにテクニカルサポートに連絡をして、対処しましょう。

 

 

【おすすめ】電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビュー!【限定無料特典あり】

【初心者向け】電脳せどりのやり方・ノウハウ無料公開!【過去にコンサルで使用したコンテンツサイト無償提供中!】

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください