【2022年最新版】AmazonでFBA納品しようとしたら危険物審査中の商品だった場合の解除方法

Amazonで商品をFBA納品しようとしたら危険物審査中で出来なかった…。危険物審査中の商品を解除するにはどうしたらいいの?そもそも危険物じゃない証明なんて出来るの?

こういった疑問に答えます。

 

どうも、ちゃんやまです。

仕入れた利益商品をAmazonのFBA倉庫に納品しようとしたら、危険物審査中で納品プランすら作成出来なかったなんて経験ありませんか?

僕も過去に何度も経験がありますが、仕入れた商品は危険物でもなんでもないのに、「危険物じゃない証明を出せ」と無茶苦茶なことを言われてるわけです。

しかしFBA納品すれば確実に売れることが分かっているのに出来ないってもどかしいですよね。

自己発送で売るのも面倒ですし。

それが明らかな危険物であれば安全データシート(SDS)を取得して(取得出来れば)提出すれば一発で解除が出来ますが、そもそも危険物じゃない場合にはどうすればいいかちょっとよく分からないですよね。

実はそもそも危険物じゃない商品が危険物審査中だった場合には簡単な解除方法が存在します。

100%解除出来るかどうかはAmazonの担当者次第ではありますが、方法としては1つしかありませんので、本記事では危険物審査中の商品ステータスの解除方法を解説します。

 

AmazonでFBA納品しようとしたら危険物審査中の商品だった場合の解除方法

ここからは、AmazonでFBA納品しようとしたら危険物審査中で納品プランすら作成出来なかった場合の、審査中ステータスの解除方法を解説します。

ただし前提としてお伝えしておきますが、本記事で紹介する方法が全ての商品に当てはまるわけでなく、方法としては有効ではありますが、100%成功を保証するものではないことはあらかじめご承知おきください。

 

なぜ危険物審査中になるのか

そもそも危険物じゃない商品が危険物審査中になることが不思議ですよね。

なぜこのようなことが起こるのかというと、Amazon側から見て、該当商品に関して情報が不足しているからです。

なので上記画像に「審査に必要な情報をご提供ください」とあるように、Amazon側も情報を提供してほしいわけです。

特に過去にFBA販売歴がなく、自己発送でしか販売されてこなかった商品が該当します。

Amazon側にデータが不足しているためにFBAで販売可能な商品なのか判断出来ていない状況が「危険物審査中」というわけです。

このステータスが解除されるパターンは以下の3つです。

解除される3つのパターン
  1. 安全データシート(SDS)を提出する
  2. 危険物ではない情報をAmazonに提出する
  3. 誰かが解除するのを待つ

 

③で解除される場合は、誰か他のセラーがAmazonに情報を提供し、Amazon側で危険物じゃないと判断された場合です。

しかしすぐに納品したいあなたは、そのような偶然を待ってはいられませんよね。

ですので、本記事では②の自分で危険物審査中のステータスを解除する方法を解説します。

 

危険物審査中のステータスを解除する方法

では具体的に解除方法を解説していきます。

解除するには適用除外シートと呼ばれる書類をAmazonに提出する必要がありますが、あなたが仕入れた商品の性質によって変わってきます。

製品の性質
  1. 電池および電池駆動製品に関するもの
  2. 有害化学薬品を含まない製品

 

以上のどちらに属するかで提出する書類が変わりますので、まず仕入れた商品がどちらに該当するものなのか把握しておきましょう。

あなたが取り扱う商品がおもちゃや家電製品、日用品などでリチウムイオン電池などの危険物を含まない製品であれば①を、化粧品や塗料などで有害化学薬品を含まない成否hンであれば②となります。

稀に食品でも危険物審査中のステータスが出る場合がありますが、①で対処出来ます。

 

電池および電池駆動製品に関する解除方法

あなたが取り扱う商品がリチウムイオン電池などの危険物を含まない製品の場合は以下の手順に従って進めていってください。

 

①セラーセントラルの検索窓に「危険物」と入力して検索する

 

②「安全データシート(SDS)と適用除外シートをアップロードしてステータスを追跡する」をクリック

 

③ヘルプとサポートが表示されたら下部の「適用除外シートをダウンロードする」を見つけてください

 

④書類の言語を日本語にし、「電池および電池駆動製品に関する適用除外シート」をクリックして書類をダウンロードする。

 

⑤電池および電池駆動製品に関する適用除外シートに情報を記入する

電池および電池駆動製品に関する適用除外シートの記入欄は以下のようになっています。

↑こちらには名と姓を入力しますが、注意事項として会社名や屋号などを入れると却下されてしまうので気を付けてください。

↑こちらのASIN、商品名、商品のパッケージの内容(商品を構成する内容)などを記入します。

 

こちらが記入例です。

例えば商品がコルクを玉としたライフルのおもちゃだった場合、商品パッケージに入っているものは、ライフル銃1丁とコルク(玉)になりますので、上記のようにパッケージ内容に記載し、電池が入ってない場合は、「電池は製品と共に販売されていますか、それとも電池が製品ですか?」の項目にそれぞれ「いいえ」を選択します(プルダウンです)。

記入が完了したら任意の場所に保存して、⑥でアップロードします。

 

⑥先ほどのヘルプとサポートの上部にある「書類をアップロードする」をクリック

 

⑦ASINを入力し、保存したファイルを選択、言語を日本語にして「アップロード」ボタンをクリックして提出は完了です。

適用除外シート提出から2営業日以内に担当者が確認し、内容に問題が無ければ3~5営業日程度で危険物審査中のステータスが解除されます。

 

 

有害化学薬品を含まない製品の解除方法

あなたの取り扱う商品が有害化学薬品を含まない製品である場合は以下の手順で進めてください。

ただし、電池および電池駆動製品に関する場合と比べると、こちらの難易度は上がります。

解除が難航する場合も多々ありますので、あらかじめご承知おきください。

基本的な進め方は「電池および電池駆動製品に関する解除方法」と同じですが、③で「有害化学薬品を含まない製品の適用除外シート」をダウンロードしてください。

以下手順です。

 

①名前を入力する。

 

②警告/危険文言が表示されているかどうかを、はい・いいえでチェックする。

↑こちらでは取り扱い商品が各項目に該当しないか、はい・いいえで回答していきます。

 

③ASIN、商品名、磁石化否か等の入力をする。

 

以下回答例です。

↑はい・いいえはセルをクリックするとプルダウンメニューで表示されます。

 

↑危険物が一切含まれてない商品なら上記のようになります。

 

取扱商品のASINと商品名を入力し、磁石か磁気を帯びているかに関しては「いいえ」を選択、成分一覧に取扱商品に含まれる成分を全て入力、圧力ガスを含まない場合は「いいえ」を選択します。

本記事では基本的に「危険物じゃない」ことを前提としていますので、上記のような記入例になります。

全ての記入が終わったら、任意の場所に保存して、電池および電池駆動製品に関する解除方法のときと同じやり方で書類をアップロードして結果を待ちましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一見難しそうに見える危険物審査中のステータス解除方法ですが、意外と簡単に出来ることが分かったと思います。

取扱商品により、成功率は100%ではありませんが、あなたが取り扱う商品が危険物ではないという情報を確実に提供出来るのであれば、高確率で解除することが出来ます。

せっかく仕入れた利益商品が「危険物審査中」のステータスであった場合には本記事を参考に解除をお試しください。

 

食品や消耗品せどりの他、お役立ち情報を毎日メルマガで配信しています。

登録はコチラから

 

ヤフーショッピングを全頭するツールや、楽天市場を全頭することが出来るツールの紹介をしています。

登録はコチラから

 

【おすすめ】電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビュー!【限定無料特典あり】

【初心者向け】電脳せどりのやり方・ノウハウ無料公開!【過去にコンサルで使用したコンテンツサイト無償提供中!】

 

先頭に戻る

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

ちゃんやま
東京在住のアラフィフです。「メーカー仕入れ」「問屋仕入れ」「リサーチ、納品、販売の自動化」で時間をかけない、効率化された「楽ちんスタイル」のせどり・物販情報を発信しています。誰にも縛らない自由な時間を楽しんでいます。