Amazon出品大学を利用したリサーチ方法

Amazon出品大学

 

皆さん、Amazon出品大学は利用してますか?

Amazon出品大学は、Amazonでの販売に関する様々なお役立ち情報を

学ぶことが出来る、非常に有益な講座なんです。

 

実はこの講座から、Amazonで品薄になっていたり、品切れになっている

美味しい商品情報を閲覧することが出来ちゃいます。

 

この情報を利用することで、ライバルの少ない商品を

ごっそりと見つけることが出来ますので、是非活用して下さい。

 

 

 

データのダウンロード

まず、データのダウンロード方法を解説します。

①セラーセントラルのトップページから、

「Amazon出品大学」を探して、クリックします。

 

 

②出品大学のページが開きましたら、左側メニューの一番下にある、

「レポートとデータを活用しよう」をクリックして、

出てきたメニューの中から、

「出品おすすめデータ(売れ筋/品薄欠品/FBA推奨リスト)をクリックして下さい。

 

 

 

③クリックすると、上記のような画面が表示されますので、

赤枠で囲った部分をクリックして以下のような

ジャンル別ページに飛びます。

 

ここから、任意のジャンルを選択して、データをダウンロードします。

 

 

クリックすると以下のようなエクセルデータがダウンロードされます。

1万件以上のデータがエクセルに表示されてますね。

この膨大なデータをひとつひとつ見ていくのは、

非常に時間がかかるし非効率的なので、ここからデータを絞り込んでいきましょう。

 

 

データの絞り込み

エクセルのバージョンにもよりますが、

(僕の場合はエクセル2016になります)

データのどこでもいいので、セルをひとつ選択した状態で、

赤枠で囲った部分「フィルター」をクリックして下さい。

 

 

すると、上記の赤枠で囲った部分のように、矢印のついたボタンが出現します。

これを利用してひとつずつ絞り込み作業をおこないます。

 

 

 

まずはFBA出品数を絞り込みましょう。

FBA出品数の矢印ボタンをクリックして、

表示されたメニューの中から、赤枠部分を調整します。

 

FBA出品者数はあまり多いと仕入れ対象にならないので、

ここは5人以下にしましょう。

 

「全て選択」のチェックをいったん外して、

数字の1~5にチェックを入れなおします。

 

 

 

続いて、直販出品を絞り込みます。

直販出品とはAmazonのお直販部門が販売しているカタログです。

Amazonが出品しているカタログは対象から外したいので、

「すべて選択」にチェックを入れた状態で、

「あり」だけを外して下さい。

 

 

 

次は、最低価格を絞り込みます。

 

高額商品を調べてもいいですが、

ここは低価格帯でライバルの少ない商品をリサーチします。

 

高価格帯は後で絞り込んでリサーチして下さい。

 

メニュー内から「数値フィルター」をクリックして、

出てきたメニューから「指定の範囲内(W)」をクリックします。

 

 

 

今回は「1円以上、1000円以下」で設定しました。

 

 

 

最終的に275件まで絞り込むことが出来ました。

 

効率よくリサーチするための方法

上記の状態ですと、ひとつひとつのASINをコピーして、Amazonに貼り付けるなどかなり面倒な作業となってしまいます。

そこで、エクセルのマクロを利用して、効率よくリサーチする方法がありますのでご紹介します。

こちらは、僕の仲間が書いた無料レポートになりますが、非常に効率よくリサーチする方法が書かれています。

是非取り入れて、素早いリサーチを実現させて下さいね。

https://www.sedori-bank.jp/ReportDetail?report_id=2762&issuer_id=2

 

更に効率よくリサーチするための方法

上記の方法でも面倒だ!

という方のために、ツールを使用したリサーチ方法をご紹介します。

以下のページに飛んで参考にしてみてくださいね。

 

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

ヤフオク全頭ツールに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録ください。

公式LINE登録で、電脳リピートせどりコンサルのコンテンツサイト無償提供など、限定特典をプレゼント中!