【Amazon】安全に関する資料の提供を求められた時の対処法

Amazonから安全に関する資料の提供を求められた…。どんな商品を扱っていると駄目なの?Amazonが求める安全に関する資料を手に入れる方法はある?

こういった疑問に答えます

 

どうもです、ちゃんやまです。

Amazonから突然「販売を希望する場合は、安全に関する資料を提供し、審査を受けていただく必要があります。」というような内容の通知が来て、出品商品のカタログが削除されてしまったことありませんか?

僕は過去に何度かあるのですが、どういった商品にそういう通知が来るのか、ちょっと分かりにくいし、そもそも対処方法が分からないですよね。

本記事では、Amazonから安全に関する資料提供を求められる商品の種類と、その対処法について解説します。

 

安全に関する資料の提供を求められた時の対処法

ここからは、Amazonから安全に関わる資料の提出を求め時の対処法を解説していきます。

商品をリサーチして仕入れる際に、この知識が無いととても危険ですので、本記事にたどり着いた方は是非最後まで読んでいただき、正しい知識を頭に入れておいてください。

 

Amazon.co.jpからのお知らせ

これは実際に僕宛にAmazonから届いた通知です。

商品名は伏せますが、同じような通知が過去2~3度来たことがあって、いずれもカタログごと削除されてしまいました。

カタログを削除されると、FBA倉庫に在庫がある場合、返送か廃棄依頼をしないとAmazonに商品を廃棄されてしまいますので、カタログが削除されたらすぐに商品の返送依頼をまずはしておきましょう。

では、どういうタイミングでこのような通知が来るのかというと、分からない、というのが正直なところですが、該当する商品を扱っているとAmazonのシステムが感知して通知が来るのだと思っています。

 

どんな商品を扱っていると駄目なの?

では、どんな商品を扱っていると、Amazonから安全に関する資料を求められたり、カタログが削除されたりするのでしょうか。

具体的には以下のような商品を取り扱っていると、Amazonから通知が届く可能性が高いです。

 

化学製品 (MSDS)

※必要書類は商品名をクリックしてください

該当商品と必要書類

 

ペイントストリッパー(ペイントリムーバーとも呼ばれます)は、塗料やその他の仕上剤を取り除き、下地をきれいにすることを目的として作られた製品のことです。

 

ガス器具関連商品 (PSLPG)

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

ガスこんろはせどりでも割とポピュラーな仕入れ商品ですが、実際に僕は卸業者から仕入れて販売していましたが、Amazonから通知が来て、カタログごと削除されてしまいました。

 

乳幼児/子供用品&玩具

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

乳幼児、子供用品や玩具は結構取り扱いが難しく、フィンガースピナーや傘、すくーず玩具、抱っこ紐、湯たんぽ、組み合わせおもちゃなど、意外な商品が販売規制がかかっている場合があります。

 

電気およびバッテリー製品(PSE)

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

家電製品に関してはかなり幅広い商品において安全に関する書類の提出を求められる可能性があります。

割と家電量販店でなじみの商品も多いですが、リスクがあることを覚えておいてください。

 

無線/Wifi/Bluetoothなど電波を発する製品(GITEKI)

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

無線関連の商品は以前から厳しくされていましたが、ワイヤレス充電器や無線LANルーターなど割とせどらーの間でも当たり前の仕入れ品も対象になりますので、注意が必要です。

個人的な経験としては、モバイル用のワイヤレス充電器にAmazonから安全に関する書類提出の通知が来て、提出するしないに関わらずカタログごと削除されてしまいました。

 

防災/命を守る商品

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

人の安全に関わる商品はより厳しくなっていて、ほぼほぼ取り扱えないと考えた方がいいです。

注意したいのは自転車用ヘルメットや自動車用ジャッキ、バイク用ヘルメットでしょうか。

いずれも普通に仕入れ出来ちゃう商品で、自動車用ジャッキはコストコなどで簡単に仕入れることが出来ます(過去仕入れたことあり)。

ですが、商品によっては審査が必要になってくるため、仕入れる前に知識として入れておく必要があります。

 

製品安全に基づく制限対象商品

※必要書類は商品名をクリックしてください

 

ここに挙げられる商品はほぼ仕入れ対象とはならないと思いますが、Amazonで販売を禁止されている商品です。

意外なところでいくと乳幼児用マスクになりますが、窒息や熱中症などのリスクが高まる恐れがあることから、Amazonでも販売を禁止されています。

 

安全に関する資料は手に入る?

ここまで各商品の販売に必要な書類について紹介してきましたが、安全データシート以外の書類について、実際に入手は可能なのか気になりますよね。

出品していた商品に突然通知が来て、カタログごと削除されたけど、在庫が大量に残っていた場合、とても困ることにもなりますし。

ですが、結論から言ってしまうと、Amazonが指定する資料の入手はほぼほぼ困難であるか不可能です。

特に一般的なせどらーには無理難題なものばかり。

メーカーの社員ですら入手出来るかどうか分からないものも多く、Amazonから安全に関わる資料の提出を求められた場合の対処法としては「無い」というのが答えです。

対処法を知りたくてこの記事にたどり着いた方には大変申し訳ありません。

ですが、そもそもAmazonでの販売にはこういった審査があるということは絶対に知っておくべきで、知らないで出品して後でカタログを削除されてショックを受けないようにしておく必要はあります。

また、ここに挙げられている商品の殆どが、安全に関わる資料が無い場合、発火の恐れがあったり、死の恐れがあるものも多いので、そもそも転売などして責任を負えるような代物ではありません。

無線LANルーターやモバイルバッテリーなど、一見取り扱いに問題が無さそうな商品であっても、そういったリスクが潜んでいることは頭に入れておきましょう。

 

返送した商品はどうするか

削除されたカタログは、Amazonが求める資料を提出しない限り復活はありませんので、すぐに返送依頼をかける必要がまずあります。

返送後の販売に関しては、再度Amazonでカタログを作って売るのは厳しいと思ってください。

理由は、再度Amazonでカタログを作成して販売しようとする場合、資料の提出をやはり求められるからです。

その資料はそもそも入手出来ませんので、Amazonでの販売は不可と思っていいです(稀に復活する場合がありますが)。

ですので、返送した商品はヤフーショッピングやメルカリなど他販路で販売するようにしましょう。

Amazonから安全に関わる資料の提出を求められ、カタログごと削除されてしまった時の唯一の対処法となります。

 

まとめ

Amazonから安全に関わる資料の提出を求められてしまった場合は、Amazonでの販売は諦めた方がよさそうです。

理由としては、資料がそもそも手に入るようなものではないためです。

その場合商品を返送して他販路で販売することになりますが、そもそも仕入れ時点でそういったリスクがあるということを知っておきましょう。

Amazonで商品を売る限りは、どうあれルールに従う必要がありますので、仕方ないこととして受け止めるしかありません。

とはいえ、他にも利益商品は沢山ありますので、切り替えて次の商品を探すのが一番だと思います。

また、Amazonに相乗りして販売している商品であっても、Amazonが抜けたとたんに通知が来るパターンもあります。

理不尽にも映りますが、そもそも安全に関わる専門的な知識や書類が必要な商品を販売すること自体にリスクがありますので、これも仕方のないことと切り替えていきましょう。

せどりであろうと、上流仕入れであろうと無理なものは無理なので諦めて他に時間を使った方がよいと考えます。

 

食品や消耗品せどりの他、お役立ち情報を毎日メルマガで配信しています。

登録はコチラから

 

ヤフーショッピングを全頭するツールや、楽天市場を全頭することが出来るツールの紹介をしています。

登録はコチラから

 

【初心者向け】電脳せどりのやり方・ノウハウ無料公開!【過去にコンサルで使用したコンテンツサイト無償提供中!】

せどりは違法?あなたの知らないせどりと法律、Amazon規約、販売してはいけないもの、やってはいけないことまとめ。

 

先頭に戻る

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

ちゃんやま
東京在住のアラフィフです。「メーカー仕入れ」「問屋仕入れ」「リサーチ、納品、販売の自動化」で時間をかけない、効率化された「楽ちんスタイル」のせどり・物販情報を発信しています。誰にも縛らない自由な時間を楽しんでいます。