電脳せどりリサーチツール雷神を使ってネット卸サイトNETSEAを攻略する方法

ネット卸のNETSEAのリサーチ方法をネットで調べたけどイマイチいい方法がない。むしろNETSEAは仕入れに向いてないって意見が多いけど本当なの?NETSEAを効率的にリサーチする方法を教えてほしい。

本記事では、このようなお悩みにお答えします。

 

どうもです、ちゃんやまです。

GoogleでNETSEAのリサーチについて検索すると、ネット系の卸が多く登録するBtoBサイト「NETSEA」をおすすめしない人が多いようなんですが、それは果たして本当なのか。

実際にAmazonなどで売れる商品が全然見つかないので他を利用すべきとする人がいるが、実はそれは半分正解で、半分ウソです。

NETSEAを効率的にリサーチすることが出来る雷神システムを使えば、利益商品を見つけ出すことは出来ます。

実際にNETSEAを利用して利益商品を仕入れている僕が解説していきます。

 

雷神を使ってネット卸サイトNETSEAを攻略する方法

ここからは、NETSEAのメリットとデメリットを解説しつつ、雷神を使ったリサーチ方法を紹介していきます。

雷神は有料ツールになりますが、NETSEAをリサーチ出来る業界唯一のものでもあります。

今回紹介する方法があなたの役に立つことを願っています。

 

NETSEAのメリット

まずはNETSEAのメリットについて解説していきます。

なぜか多くの人がオススメしないNETSEAですが、本当にメリットは何もないのか。

 

メリット①:個人の利用が不可なのでライバルが減る

NETSEAを利用出来るのは、個人事業主と法人のみです。

一昔前までは個人での利用が可能でしたが、今では個人事業主と法人だけとなりました。

そのため、副業系の個人のせどらーは登録出来ないので、その分ライバルが減ることになります。

勿論、個人事業主や法人系のAmazonセラーはライバルとなりますが、冒頭でもお伝えしたように、NETSEAをおすすめしない人がとても多いためか、まともに利用出来ている人は少ないようです。

そういった意味では、しっかりとリサーチをすればライバルが少ない商品に巡り合うことも出来ますし、実際僕はそういった商品を仕入れてAmazonで販売しています。

 

メリット②:大量ロットでの注文が可能

これはネット卸全般に言えることではありますが、やはり大量仕入れが出来るメリットは非常に大きいと言えます。

ネットショップから仕入れる電脳せどりと違い、大量注文してもキャンセルされることはないですし、むしろ喜ばれます。

アマゾンで超高速回転で販売されている商品も、NETSEAで仕入れることが出来れば、大量に縦積みすることだって可能となります。

 

メリット③:請求書が発行される

元よりメーカー仕入れや、卸仕入れをしている人からすればごくごく当たり前のことですが、せどりをやっている人からすれば喉から手が出るほど欲しいのが請求書ですね。

電脳せどりや店舗せどりでは決して入手することが出来ない書類のひとつですが、例えば、Amazonで出品規制を解除したい時に、NETSEAで商品を仕入れて、発行された請求書を使えば、容易に出品規制を解除することが出来ます。

 

メリット④:クレジットカードが使える

卸というと、現金取引が基本と思われがちですが、最近ではクレジットカードが使えるところも増えてきています。

特にネット系の卸ではそのような傾向にあります。

NETSEAでは、全ての登録サプライヤーではありませんが、殆どのサプライヤーでクレジットカードや後払い、PayPal払いなどを選択することが出来ます。

これによりどんなメリットがあるかというと、後払いに出来るというよりも、ポイント還元を享受することが大きいです。

例えば僕が使っているLINE Payカードは2%のポイント還元がありますが、月に100万円の仕入れをすれば、2万ポイントものポイントバックを獲得することが出来ます。

これはとても大きいですよね。

 

NETSEAのデメリット

メリットだけでなく、デメリットもちゃんとお伝えしておきます。

 

デメリット①:卸と称する小売サプライヤーの存在

これはNETSEAに限ったことではありませんが、特にNETSEAに多いとされるのが、卸業者と名乗る実質小売サプライヤー(フェイク問屋)が存在します。

NETSEAは、個人事業主あるいは法人であれば、誰でもバイヤー(購入者)とサプライヤー(卸側)に登録することが出来ます。

単純に商品を売りたいという理由だけでサプライヤー登録をしている業者もいますので、そういった業者を避けてリサーチしていく必要があります。

面倒ですが、これが現実ですので、フェイク問屋に無駄な時間を使わないようにする必要があります。

 

デメリット②:アパレルなどAmazon向きじゃないものも多い

NETSEAでは、Amazonでの販売では難易度が高いアパレルなどの登録も多いです。

しかし、Amazon以外の販路、例えばメルカリやYahoo!ショッピングなどでの販売も行っている方であれば、こういった商品の取り扱いもおすすめです。

 

デメリット③:商品点数が膨大過ぎて目視によるリサーチが困難

多くの人がつまづくデメリットがこれでしょう。

NETSEAには約2000~5000もの商品が毎日新着で登録されていますので、過去に登録されたものを含めると膨大な量の商品点数があるため、目視・手動によるリサーチはとても困難です。

勿論不可能ではありませんが、それなりに時間や労力がかかることは覚悟しないといけません。

しかし、そんなデメリットを覆すべく、この記事では、NETSEAを全頭することが出来るツールをご紹介しますので、是非次の項目に進んでください。

 

雷神を使ったNETSEAリサーチ方法と手順

ここからは電脳リサーチツール「雷神」を使った、NETSEAの全頭リサーチ方法を解説します。

雷神システムを使えば、あなたが本業で会社に行っている間や、寝てる間、子供の世話をしている間でも、勝手にリサーチを進めてくれます。

あなたが目視でやることは、最後の利益商品チェックのみ。

雷神システムを取り入れることで、困難と思われたNETSEAの膨大な商品も簡単にリサーチすることが可能です。

 

リサーチ手順①:JANコードと卸価格を抜き出す

NETSEAで利益商品を見つけ出す前に、まず商品ごとに登録されているJANコードと卸価格を抜き出す必要があります。

JANコードと卸価格を抜き出すには、ネッシーブレイカーというツールを使います。

ネッシーブレイカーを開いて、あらかじめNETSEAにログインし、JANコードと卸価格を抜き出したい卸業者のURLを入力後、「URL BREAK 実行」ボタンをクリックするだけで、抜き出しがスタートします。

 

全ての抜き出しが完了すると、このように卸業者名やJANコード、商品管理番号、卸価格(税込)などの情報を得ることが出来ます。

この中のJANコードと卸価格を後ほど使用します。

 

リサーチ手順②:雷神で解析する

ネッシーブレイカーで抜き出したJANコードを雷神に登録し、Amazon販売価格、ランキング、FBA販売者数、自己発送販売者数などのデータを解析します。

これにより、Amazonの販売価格とNETSEAでの卸価格に差があるのかリサーチする準備を整えることが出来ます。

アマゾン販売価格以外に、楽天市場やYahoo!ショッピングでの販売価格も解析することが出来ます。仮に、NETSEAではフェイク問屋だったとしても、せどり的に仕入れが出来る場合もありますので、ダブルチェックすることも可能です。

雷神には2種類あり、1回に1000件解析が可能な「雷神」と、1回に10000件解析が可能な上位版「雷神極」が存在します。

ある程度せどりに慣れている方は、解析件数が多い雷神極がオススメです。

 

リサーチ手順③:ミリオンサーチで利益商品をリサーチする

雷神で解析した結果をCSVファイルでダウンロードし、今度は利益商品リサーチツールである「ミリオンサーチ」を使って、実際に利益商品があるかチェックします。

本来、ミリオンサーチはせどり用のツールですが、JANコードと卸価格をミリオンサーチに入力することで、その価格差を一気に調べることが出来ます。

全体を映し出すととても細かくなりますが、このような表を使って実際にリサーチしていきます。

リサーチ方法は簡単で、一番右の方にある「仕入れ判断」の部分で、A~Cランクの商品だけを見ていくだけです。

ミリオンサーチでは、商品の価格差やランキング、FBA出品者数により、S~Dランクに独自に仕分けされます。

Dランクは利益が出なかったり、ランキングが低すぎる商品のため、ソート機能を使って最初からはじいてしまえば、残りは利益の見込める商品が残っているということになります。

勿論、全く利益商品が無いサプライヤーも多数存在しますが、何百件と登録されたサプライヤーをひとつひとつ目視でリサーチしていくのにはやはり限界がありますので、こうしたツールを使って手早く、しかも会社に行ってる間や外出している間でも解析をしてくれますので、あとは帰宅後にミリオンサーチでチェックするだけで、簡単に利益商品の仕入れまで繋げていくことが出来ます。

 

注意点

非常に便利な雷神システムですが、注意点があります。

それは、サプライヤーによりJANコードを登録していないところがあるということです。

雷神システムは基本的にJANコードを元に様々なデータを解析しますので、そのJANコードがそもそも登録されていない場合は、解析が出来ません。

その場合は、目視によるリサーチを実行してください。

また、セット品に関してはミリオンサーチでもリサーチは可能ですが、複数個セットならともかく、色違いのアソートセットなどは自動リサーチは難しいため、そちらも目視によるリサーチが必要になります。

とはいえ、これだけの量を一気にリサーチすることが出来るのはネッシーブレイカーx雷神だけですので、単品や複数個セットはツールを使って一気にリサーチをし、変わったセット品などについては時間のある時に目視によるリサーチをすることでカバーしていくとよいでしょう。

 

NETSEA全頭リサーチ実践動画

これまで解説してきたリサーチ方法を実際に動画で見ることが出来ます。

合わせて見ることでイメージが沸きやすいと思いますので、是非ご覧になってください。

 

URLからNETSEA情報を取得する

ネッシーブレイカーを使って、NETSEAのサプライヤーから、JANコードや卸価格を抜き出す手順を解説しています。

 

雷神・ミリオンサーチを使った解析

ネッシーブレイカーを使って抜き出したJANコードと卸価格を使って、雷神・ミリオンサーチで解析する様子です。

 

キーワードからNETSEA情報を取得する

これまではサプライヤーの商品ページから利益商品を解析してきましたが、ネッシーブレイカーでは、キーワードからリサーチをすることも出来ます。

 

ネッシーブレイカー入手方法

このようにネッシーブレイカーを使うことで、NETSEAに登録されている膨大な量の商品情報から、簡単に利益商品を抽出することが出来ることが分かったと思います。

このネッシーブレイカーは雷神と連動するサブツールになるため、まずは雷神の入手が必要です。

雷神購入後に、雷神の会員サイトの中で別途ネッシーブレイカーを購入する必要があります。

ネッシーブレイカーの価格は、買取で9800円になります。

導入をお考えの方は、まずは雷神の購入をお願いします。

僕から雷神を購入することで、NETSEA同様に多くの卸業者が登録するBtoBサイト「スーパーデリバリー」を全頭することが出来るツール「スーデリブレイカー」を無償で特典として入手することが出来ますので、導入希望の方は是非以下のページより雷神のお申込みをご検討ください。

【おすすめ】電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビュー!【限定無料特典あり】

 

まとめ

最後にまとめです。

まとめ
  • NETSEAはオススメしない人も多いが、利益商品は存在する。
  • NETSEAは目視によるリサーチはとても大変だがツールを使えば簡単に出来る。
  • ツールは有料だが、NETSEAで利益商品をリサーチしたい方にはおすすめ。

 

以上、雷神システムを使ったNETSEA全頭リサーチについての解説でした。

NETSEAは仕入れに向いていないだとか、小売りのような価格で販売しているフェイク問屋が多いとかいった理由で推奨しない人も多いですが、実際に僕自身が雷神とネッシーブレイカーを使って利益商品を見つけ出し、仕入れて販売していますので、ツールを使うことでそういった負の面も払拭することが出来ます。

特に時間の無い副業の方や主婦の方にとっては、とても役に立つツールです。

これからNETSEAに挑戦したいとお考えの方は、是非導入をご検討ください。

 

 

【電脳せどり・仕入れ】最強リサーチツール『雷神』を使ったリサーチ方法まとめ【動画集】

電脳せどり最強リサーチツール『雷神/雷神極』を使ったリサーチ方法まとめ

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください