【keepa】Product Finderの使い方・見方と有効なリサーチ方法

【keepa】Product Finderの使い方・見方と有効なリサーチ方法

 

どうもです、ちゃんやまです。

2020年6月にモノレートがサービス終了となり、その代替ツールとしてkeepaを導入している方も多いかと思います。

keepaの使い方としては、モノレート同様にグラフをチェックしたり、月に何個売れているのかをチェックしたりと「無料」で出来る範囲で利用している方が殆どだとは思いますが、実はkeepaの有料版を使うことで更に深くリサーチすることが出来ます。

月額費用(約1800円)はかかりますが、その何十倍以上もの価値は確実にあります。

この記事では、その有料版で使える機能としてProduct Finderという「絞り込み検索」のような商品検索機能について、見方や使い方を解説していきます。

 

無料版と有料版の違い

keepaを導入するにあたって、無料版と有料版とどちらがよいのか、まず理解しておく必要があります。また有料版にする場合の導入方法など、別記事にまとめてありますので、これから導入を検討している方はそちらを先にチェックしてください。

せどりのリサーチツールkeepaのグラフの見方と使い方 どうもです、ちゃんやまです。2020年6月末にモノレートのサービスが終了となって、様々な代替ツールが出てきましたが、その中でも筆頭格と言えるのがkeepaです。keepaというとアマゾン刈り取りのためのツールとして有名でしたが、モノレート同様グラフを読み取ることで仕入判断の材料となります。しかし、そのグラフの見方がモノレートと比べるとちょっと複雑で「分かりにくい」という方もいて、またその他の機能についても、keepaの本当の実力を出し切れていない、使いきれて...
【2021年最新版】せどりのリサーチツールkeepaのグラフの見方と使い方 - 電脳せどり通信

 

Product Finderの使い方・見方

ではさっそくProduct Finderの使い方・見方を解説していきます。

英語が使われてたりするので、一見複雑そうに見えますが、よくよく見てみればそれほど難解なものはありません。

 

Product Finderを開く

まずProduct Finderを開きましょう。

まずはkeepaのサイトにアクセスしてください。

keepaのサイトにアクセス

 

サイトにアクセスをしたら上部メニューの中から「Data」をクリックして下さい。

クリックすると、このようにProduct Finderが表示されますので、文字のところをクリックしてProduct Finderにアクセスしましょう。

 

Seles Rank & Price Types

まずはSeles Rank & Price Typesを見ていきましょう。

こちらはランキングや価格、カート価格、セール価格、自己発送セラーの価格やランキングなどかなり細かいデータを入力して絞り込みをすることが出来ます。

上から順に解説していきます。

まず、チェックボックスの項目と空欄の英文字の意味を理解しておきましょう。

□No Sales Rank ランキングが無い、つまり売れていない商品を含める場合はチェック

□Out of stock 在庫切れの商品を含める場合はチェック

□Lowest ever 最低価格も含める場合はチェック

from 下限値

to  上限値

30 days avg. 30日間のランキングの平均の範囲

90 days avg. 90日間のランキングの平均の範囲

180 days avg. 180日間のランキングの平均の範囲

90 days drop % 90日間のランキングもしくは価格の低下率の範囲

これを踏まえてひとつひとつ見ていきましょう。

 

売れ筋ランキング

リサーチしたい商品の価格帯の幅と、30日~180日までの平均ランキングの幅、90日間のランキングの低下率の範囲を設定することが出来ます。

例えば

[30 days avg.] に From 1 To 10000 と入力すると、30日間の平均ランキングが1位~10000位の範囲で絞り込みをすることが出来ます。

また

[90 days drop %] に From 10 To 30 と入力すると、90日間の平均ランキングが10%~30%の範囲で落ち込んだ商品に絞り込むことが出来ます。

Amazon

Amazonの在庫価格と日数別のランキング推移、90日間の価格の低下率の範囲の幅での絞り込み。Out of stockにチェックを入れると、Amazonが在庫を持っていない商品を表示させることも出来ます。

新品

Amazon以外のFBA、自己発送セラーの絞り込み。Out of stockにチェックを入れると、その下のAmazonによる配達とNew 3rd Partyの価格の絞り込みも出来なくなります。また、90 days dorp %に値を入力することで、新品価格の低下率による絞り込みも出来ます。

例えば

[現在価格] に From 3000 To 10000 と入力すると、現在の価格が3000円~10000円の範囲で絞り込むことが出来ます。

また

[30 days avg.] に From 3000 To 10000 と入力すると、30日平均の価格が3000円~10000円の範囲で推移している商品に絞り込むことが出来ます。

また

[90 days drop %] に From 10 To 30 と入力すると、90日平均の価格が10%~30%の範囲で落ち込んだ商品に絞り込むことが出来ます。

Amazonによる配達

Amazonが配達した商品、つまりFBA商品だけの絞り込みが出来ます。

New 3rd Party

自己発送セラーだけに絞り込むことが出来ます。

この絞り込みはかなり使えます。自己発送セラーといえば、商品価格+配送料で販売していることが多いので、ここだけを狙っても利益商品を見つけることが出来そうですね。

 

中古

中古があるカテゴリの場合、中古の価格帯などで絞り込むことが出来ます。

参考価格

参考価格が設定されている商品の絞り込みをすることが出来ます。

タイムセール

タイムセールが行われている商品の絞り込みが出来ます。

倉庫

Amazonアウトレットの商品の絞り込みが出来ます。

コレクターアイテム

コレクター商品の絞り込みが出来ます。

リファビッシュ

初期不良品や中古品を整備し、新品に準じた状態の商品の絞り込みが出来ます。

 

Buy Box

カート価格での絞り込み検索が出来ます。

中古品-ほぼ新品

中古品の「ほぼ新品」コンディションの絞り込み検索が出来ます。

中古品-非情に良い

中古品の「非常に良い」コンディションの絞り込み検索が出来ます。

中古品-良い

中古品の「良い」コンディションの絞り込み検索が出来ます。

中古品-可

中古品の「可」コンディションの絞り込み検索が出来ます。

 

再生品

再生品の絞り込みが出来ます。

ebay New、ebay Used

ebayの新品と中古価格の絞り込み機能ですが、正直使い方が分かりません。

 

Title,Brand and more!

こちらは商品名やブランド、カテゴリ、色、サイズなどでかなり細かく絞り込んだり、除外したりすることが出来る機能です。

せどりのリサーチで使う項目は少なくなりそうですが、工夫次第では面白いリサーチが出来るかもしれません。

Root Category

カテゴリで絞り込みが出来ます。▼をクリックすると、Amazonに登録されているカテゴリ一覧がプルダウンメニューとして表示されますので、その中からリサーチしたいカテゴリを選択します。

Sub Categories

カテゴリに次ぐ、サブカテゴリを2つまで設定して絞り込みをすることが出来ます。

サブカテゴリが分からない時は、keepaの機能であるCategory Treeを使って調べることも出来ます。

Text fields

具体的な商品名を入力し絞り込みが出来ます。

また、その他細かく、Manufacture(製造)、Brand(ブランド)、Product Goup(カテゴリ)、Model(モデル)、色、サイズ、エディション、フォーマット、Author(著者)、Binding(製本)、Languages(言語)、PartNumber(部品番号)の12の項目で絞り込みをかけることが出来ますが、ここで使えるのはブランドや著者、サイズなど分かるものだけになりそうです。

 

Refine your search even more!

ここでは、Amazonでのリサーチよりも更に細かい絞り込みをすることが出来ます。

また、セラーIDを入力することでセラーリサーチも可能です。

 

Buy Box Seller

現時点でのカートボックス取得者で絞り込みをかけます。

All=全て、Amazon=アマゾン、3rd Party=自己発送、Seller IDs:=セラーID指定

セラーID指定を使うと、特定のセラーで且つカートを取得している商品にのみ絞り込めます。

Seller

セラーIDを入力することで、特定のセラーの扱う商品をリサーチすることが出来ます。

Additional Buy Box switches

Buy Box:is ?FBAはカート取得者がFBAセラーかどうかの選択になります。

Buy Box:is Unqualified?は直訳すると資格者か?となりますが、使い方は分かりません。

Product Type

こちらは、バリエーションのある商品かどうかの選択のようです。

バリエーション

Physical product without variations:バリエーションの無い商品

Variation ASIN:バリエーションのあるASIN

Digital Product:デジタル製品(ちょっとよく分かりませんでした)

Show only one variation per product:商品ごとに1つのバリエーションのみ(これも分かりにくい)

この項目はちょっと分かりにくいですが、バリエーションのある商品とそうでない商品の絞り込みをすることが出来そうです。

バリエーションがあると、どの商品が実際に売れているのか非常に分かりにくいので、リサーチ時に廃除することが出来そうですね。

 

Last Price Change

直近で価格変更を行った日時の幅を指定。

Tracking since

検索のためのデータの追跡期間の幅を指定。

Listed since

こちらは不明ですが、恐らくカタログが作成された時期の指定かと思われます。

Publication Date

不明(直訳すると発行日)

Release Date

発売日による絞り込み。

Sales Rank Drops

過去30日~180日間で何個売れたのかで絞り込み。

 

Reviews

レビュー数による絞り込み。

Amazon out of stock percentage

過去90日の間で、Amazonが在庫切れを起こしたパーセンテージ(率)で絞り込み。

これは非常にユニークな機能で、Amazonが在庫切れを起こしている隙に販売することを念頭にリサーチをすることが出来ます。

率は高ければ高いほどAmazon在庫切れしている日数が少なくなります。

Availability of the Amazon offer

Amazon直販部門の販売状況による絞り込み。

各販売状況の意味は以下の通り。

販売状況の意味

no Amazon offer exists:Amazon販売無し

Amazon offer is in stock and shippable:Amazon在庫有り

Amazon offer is a pre-order:Amazonの在庫はないが予約商品

Amazon offer availability is “unknown”:Amazon販売可どうか不明

Amazon offer is back-ordered:Amazonが入荷待ちの状態

Amazon offer shipping is delayed:Amazonの発送に時間がかかっている商品

Amazonの販売状況をかなり細かく設定出来ますが、Amazon在庫無しの設定はかなり使えるものになりそうです。リサーチしたい状況に応じてチェックを入れたり外したりしてください。

FBA Pick&Pack Fee

FBA手数料による絞り込み。

新品アイテム数

新品で販売しているセラーの数で絞り込み。

Count of retrieved live offers

配送経路別の受注数による絞り込み。

FBMは自己発送による受注数を指します。

 

中古アイテム数

中古で出品せいているセラー数で絞り込み。

リファビッシュアイテム数

初期不良品や中古品を修理し順新品として販売しているセラー数で絞り込み。

コレクターアイテム数

コレクターアイテムで販売しているセラーの数で絞り込み。

Number of …

商品のアイテム数で絞り込み(書籍の場合はページ数)。

Package Dimensions

商品の包装後の寸法(3辺のサイズと立方センチメートル)による絞り込み。

Package

商品の梱包後の重さに寄る絞り込み。

Item Dimensions

商品本体の寸法(3辺のサイズと立方センチメートル)による絞り込み。

 

Item

商品の重さによる絞り込み。

One Time Coupon

ワンタイムクーポンによる割引率による絞り込み。

Absolute:割引額(恐らく) Percentage:割引率

Subscribe and Save Coupon

Amazonの定期お得便による割引率の絞り込み。

Additional switches

追加項目の設定。

追加項目

MAP restriction:最低広告価格の制限の有無

Launchpad:不明

Adult Product:アダルト商品か否か

Trade-In Eligible:下取り可能な商品かどうか

Prime Eligible (Amazon offer):プライム商品かどうか

Subscribe and Save:Amazonの定期尾特便を含むかどうか

Additional settings

価格情報が古くなっている可能性がある商品も含めるかどうか。含める場合はチェック。

 

各種項目を設定したら最後にFIND PRODUCTをクリックすると、検索結果がランキング順に表示されます。

あとは、上から順に商品を見ていくだけですね。

 

Product Finderの絞り込み条件を修正する方法

Product Finderの絞り込み条件を修正するには、メニュー上部のAdvanced filterをクリックします。

そうすることで、絞り込み検索のページに戻ることが出来ますので、そちらで条件を修正してください。

 

Product Finderを使ううえでの注意事項

keepaの有料プランで使うことの出来るProduct Finderですが、ひとつ注意事項があります。

それは、「リサーチし放題ではない」ということです。

keepaはAmazonのAPIにアクセスすることでデータを取得していますが、アクセスの集中を避けるために、アクセス回数、つまりリサーチ回数を有限にしています。

Product Finderの検索結果の右上をご覧ください。

Quota Left:99%

と表示されています(人によって%数は違います)。

この数値が、リサーチをするたびに100%から減っていきます

この数値は、1時間に5%ずつ復元しますが、0%になったらリサーチ不可の状態になりますので、クオータの残量には注意してください。

 

リサーチのコツ

Product Finderでは、かなり多くの、そして詳細なデータの絞り込みリサーチが出来ますが、その全てを使う必要は決してありません(出来る人はチャレンジを)。

使うのはいくつかのデータのみで十分です。

ここでは、どういうデータで絞り込んでいけばいいのかちょっとしたコツをお伝えします。

 

Sales Rank & Price Typesの場合

Sales Rank & Price Typesで使えるのは以下の項目です。僕の場合は新品しか取り扱わないので、中古をやる人は中古も含めてください。

・売れ筋ランキング
カテゴリによりますが、ランキングの絞り込みは必要

・新品
新品商品だけに絞り込み

・New 3rd Party
自己発送だけに絞り込み

 

Title, Brand and more!の場合

Title, Brand and more!では以下の項目が有効です。

・Root category
カテゴリの絞り込み

・Sub categories
サブカテゴリの絞り込み

・Text fields
具体的な商品名での絞り込み

 

Refine your search even more!の場合

Refine your search even more!では以下の項目を使いましょう。

・Buy Box Seller
カートを取っているセラーのタイプで絞り込み

・Seller
セラーIDを直接入力することでセラーリサーチが可能

・Amazon out of stock percentage
Amazon在庫無しの率を設定。100%にすればAmazon無しの商品のリサーチが可能。

 

ここでは具体的に何万位とかカテゴリなどは書きません。まずは以上の項目を駆使してリサーチをして、ご自身で色々といじってみることが重要です。

また、その他の項目も、何かマニアックなリサーチ方法や、誰も発見出来ないようなリサーチ方法が見つかるかもしれませんので、ゆくゆくは色々といじってみるといいですよ。

 

Product Fiderのデメリット

Product Finderを使ったリサーチはメリットの方が大き過ぎて、デメリットはさほどないのですが、唯一あげるとすると、実際の状況とリサーチ結果にタイムラグがあることです。

たとえば、セラーIDからセラーリサーチをした場合、現状の商品点数とリサーチ結果の商品点数には多少の違いが出てくることがあります。

これは、データを取りに行った時点で多少のずれが生じるためで、仕方のないことですが、それほど気になる点ではありませんので、かなり絞り出したデメリットではあります。

 

リサーチ結果が膨大で大変な場合は

keepaのProduct Finderを使ったリサーチでは、条件次第では何千件もの結果が普通に出ることがザラにあります。

上からコツコツと見ていくのもいいですが、時間が無くてそれは大変だという方は、電脳リサーチツールを使うことをオススメします。

Product Finderでリサーチした結果の上部に以下のような表示があります。

ここをクリックすると、

このように、ASINデータをCSVでダウンロードすることが出来ます。

取得したASINデータをお使いの電脳リサーチツールに入力して一気にリサーチするのが最も効率がいいリサーチ方法です。

特に副業で時間の無い方に向いているリサーチ方法と言えます。

具体的なリサーチ方法は以下を参考にしてください。

【電脳リサーチツール】keepaを使った特殊なリサーチ方法でライバルの少ない商品を探すコツ どうもです、ちゃんやまです。電脳リサーチツールというと、ASINやJAN情報を抜き出して、そこから利益商品を探し出すという手順が通常かと思います。そしてそのASINやJANの情報源となるのが、Amazon出品大学だったりセラーリサーチだったりというのが一般的ですね。勿論それでも利益商品は見つけられますが、同じことを大勢の人がやればどうしても結果も同じになりがちですので、やはり工夫してリサーチすることが大切になってきます。そ...
【電脳リサーチツール】keepaを使った特殊なリサーチ方法でライバルの少ない商品を... - 電脳せどり通信

また、電脳リサーチツールに興味のある方は、僕が愛用している「雷神」について記事にしていますので、そちらを参考にしてみてください。

世の中、電脳せどりのリサーチツールって色々ありますが、結局のところどれを使ったらいいのか分からないって方は非常に多いと思います。2020年に入り、時代はひとつひとつ商品をリサーチする時代から、仕入先のデータを一気に抽出し、一気にリサーチをかける、仕入先リサーチへの時代へ変化します。商品を探すのではなく、仕入先をいかに探し出すか。これが新時代の電脳せどりの姿です。そこで、実際にちゃんやまも使っていて、令和2年現在、最強の呼び声高い電脳せどりリサーチツール『雷神/雷神極』を徹底的にレビューすることで、...
電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビューする!限定特典有り! - 電脳せどり通信

 

まとめ

まとめです。

keepaの有料版を使うことで、Product Finderというかなり詳細なリサーチが出来るツールを使うことが可能になります。

このツールは非常に細かく過ぎて、使いこなす人もまだそんなにいないと思われますので、いち早く取り入れることで、間違いなくライバルと差をつけるリサーチが可能になります。

また、電脳リサーチツールと組み合わせることで、超スピードでリサーチが可能になりますので、利益商品を見つける確率も各段に上がります。

ひとつひとつ目視でリサーチするのもいいですが、こういったツールを使いこなして、効率のよいリサーチを目指してみてください。

また、面白いリサーチ方法が見つかれば、ブログの方で紹介していきたいと思います。

 

先頭に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください