【令和2年】今年1年を振り返って

どうもです、ちゃんやまです。

本日大晦日。

いよいよ令和2年も終わりますね。

僕が新型コロナを知ったのが、2020年の1月の中国の謎の肺炎のニュース

 

それから年が明けて、2月には外に飲みに行くのに、マスクや手洗いなどに気を使い、電車では余計なものに触らないよう、もし触ったらその手で目等に触れないよう、気を付けながらの生活が始まりました。

そんな2月からこれまでの間に色んなことが起きた令和2年でしたね。

 

令和2年の出来事

・マスク高額転売続出

・食料品バブル到来(すぐ終わる)

・除菌製品高額転売続出

・マスクや除菌製品の高額転売が法律で規制

・ティッシュがスーパーから消える

・AmazonFBAで輸送箱15kg制限開始

・外用剤の出品規制

・真贋調査の増加

・Amazonの直電廃止

・在庫パフォーマンス指標を厳しく強化

・FBA寄付プログラム導入

・Amazonが売上監視を強化

・Amazon倉庫が全国各地に拡大

・マスク高額転売、イソジン転売、
 アニメの偽グッズ販売などで逮捕者

・税務署がネットビジネスに対し監視強化

・モノレートのサービス終了

・せどり、転売ヤーの急増

・転売警察の登場

・ポイントせどらー増加

(思いつきなので順不同)

などなど、まだまだ色々あったと思いますが、せどり・物販界でも様々なことが起きて、あっという間に令和2年が終わる、そんな印象を強く受けました。

 

ちゃんやまの令和2年を振り返る

僕の令和2年はというと、目標として以下のことを年始に掲げていました。

令和2年の目標と結果

・情報発信の自動収益化の拡大

 → 成功

・食品、消耗品以外の物販の導入

 → 成功

・月商500万超え

 → 成功

・物販・情報発信以外の人との交流

 → コロナの影響で出来ず

・忙しくしていたので家族旅行を増やす

 → コロナの影響で行けず

・読書によるインプットを増やす

 → まあまあ成功

人と会ったり、旅行に行ったりすることは出来ませんでしたが、その他の目標に関しては、ほぼ達成することが出来ました。

物販や情報発信について、もう少し細かく書いていきます。

 

物販・せどり

物販・せどりで今年行ってきたのは以下の通り。

 

令和2年の物販・せどり

・メインの食品強化

・オリジナルカタログの強化

・取引先の拡大

・月商500万前後をキープ

・ポイントせどり10万ポイント前後をキープ

 

メインの食品に関しては、更に強化を図るべく、リアルの問屋も含めて仕入れ商品の強化を行い、それが全体的な月商の底上げに繋がったかなと思っています。

また、食品含めたオリジナルカタログの作成に関して、商品の選定やキーワード選定など、売れるカタログ作成に関して、だいぶ自身が付いてきたかなという感じです。

取引先に関しては、新規の問屋との付き合いも増えて、食品以外の部分で幅広い仕入れを行うことが出来るようになりました。

そういったことから、今年の目標であった月商500万超えの目標も達成し、その後は前後をキープすることが出来ています。

メーカー・卸以外のせどりに関しては、ほぼポイントせどりを続けてきましたが、コンスタントに10万ポイント前後は毎月獲得出来たので、良かったなと思っています。

このパターンは来年にも繋がってきますので、せどりに関してはこんな感じで続けていければと思います。

 

情報発信

物販以外の柱のひとつである情報発信に関しては、以下のような動きがありました。

 

令和2年の情報発信

・LINE@のアカウント停止

・ブログ発信の強化

・Twitter配信開始

・雷神会によるライブ配信開始

 

これは情報発信者に限ってですが、令和2年の大事件としては、LINE@の相次ぐアカウント停止が挙げられます。

LINE@を通じて、商材を販売したり、コンサルを募集したり、あるいは無料レポートを紹介したりブログ記事を紹介しただけで、アカウント停止になってしまうという事案があって、多くの情報発信者がLINE@から撤退したというのが今年の春ごろに起きました。

僕はというと、その後は公式LINEアカウントを新たに作成し、主に雷神会に関する案内がメインになり、配信は変わらず続けているメルマガがメインとなりました。

それとは別に、今年1月からブログ記事の更新に力を入れ、今日までかなりの記事を更新することが出来ました。

主に法律やAmazonの規約、ツール(雷神)を使ったリサーチ、keepaを使ったリサーチ記事が多かったですが、アクセス状況を見ると、多くの人の役に立つような記事が作成出来たかなと思います。

ブログに関しては来年もまた継続して更新していきますので、宜しくお願いします。

同時に、今年はTwitterの方も日々更新(つぶやき)を続けています。

140文字という文字制限がありますが、その日に起きたことや、役に立つ話などを日々つぶやき続けることが出来ました。

いつまで続けるか分かりませんが、よかったらフォローしていただけると嬉しいです。

最後に、今年一番大きかったのが、盟友ぷぅさん、神さんと5月から始めた雷神会です。

雷神会は、電脳せどりツール雷神を使ったリサーチをリアルライブで、これまでに8回のライブ配信を行い、毎回沢山の方にご参加いただき、お陰様で好評をいただくことが出来ました。

完全無料で、かなり濃いノウハウをお伝えしているという自負はありますが、来年からも月1回のペースで続けていこうと思っています。

雷神会の詳しい内容に関しては、以下の記事をご参考ください。

【雷神会】せどりのアイデア、時間、収益を生むリアルタイムウェビナーを参加費無料で毎月開催しています 5月30日を第一回としてスタートし、毎月末に「雷神会」という電脳せどりのリサーチ生ライブを開催しています。何をする会かというと、電脳せどりリサーチツール「雷神」を使って、参加者の目の前で実際にリサーチをしながら、僕を含めた3名の現役物販プレイヤーが解説しつつ、時に脱線して濃いノウハウを披露してしまったり、そんなことを毎月無料で行うというものです。ツール「雷神」を持ってない、使ってないという方で...
雷神会 - 電脳せどり通信

 

 

ツール開発

今年は2つのツールを開発しました。

 

ツール開発

・Amazon売上から消費税率を仕分けする

 「Ama Tax Calc」開発

・安価で高機能な価格改定ツール

 「カートプラス」共同開発

 

個人的に開発したのは、Amazonの売上の中から消費税率8%の売上と消費税率10%売上を自動仕分けしてくれる「Ama Tax Calc」になります。

これは、個人的に、食品も日用品もごちゃまぜで販売しているので、確定申告をする際に、消費税率8%のみ抽出するという機能がセラーセントラルに無く、とても困ったことから開発に着手しました。

勿論費用はかかりましたが、お陰様で、2%損しなくて済んだので、このツール開発は非常に大きかったかなと思っています。

Ama Tax Calcの詳細については以下の記事を参照ください。

Amazonの売上の中から消費税率8%の売上と消費税率10%の売上を仕分けしたいけど、Amazonにはその機能がないんだよね…。税理士には分けて報告するように言われてるけど、売上もそこそこあるし、何かいい方法はないだろうか…。いい方法がないか教えてほしい…。 Amazonで消費税の軽減税率8%と10%それぞれ売上を自動計算する方法2019年10月1日から導入された所得の負担を軽減するための施策「軽減税率」ですが、Amazonにおいても、販売する商品に商品タックスコードを設定することで、食品や飲料、健康食品、サプリメントに関して...
【確定申告】Amazonで消費税の軽減税率8%と10%それぞれ売上を自動計算する方法 - 電脳せどり通信

また、今年は、ぷぅさんと神さんとともに、「安価で高機能」であることをテーマに、新たな価格改定ツール「カートプラス」の開発に参加しました

既存のツールと戦うわけではありませんが、僕ら3人から見て「余計な機能が多過ぎる、もっと電脳せどらー目線で提供すべきだ」という勝手な意見から生まれたのがカートプラスです。

現在、一部のユーザー限定(雷神ユーザーなど)での公開になっていますが、来年のどこかでは一般公開することが出来る見込みとなっています。

 

融資を受ける

これも今年非情に大きな出来ごとだったかなと思います。

既に2019年に政策金融公庫から500万の融資を受けておりましたが、今年に入って、借り換えという形で1500万円の融資を受けることに成功しました。

実は、このような高額な融資を受けるには、物販で実績を作るのが一番だったりします。

物販=せどりで何年も実績を作っていれば、意外と簡単に融資を受けることが出来ます。

つまり、物販実績=信頼ということになりますので、この先、大きく物販を展開していきたいという方で、ある程度せどり実績の長い方は、是非申請してみてください。

僕はまず実績4年で500万の融資に成功し、その後順調に返済実績も作って、1500万の融資に成功しました。

難しいことは何一つなく、すんなり受けることが出来ましたので、今後もまた実績を作って、次の融資に繋げていきたいと思います。

 

 

今後どう稼いでいくかを考える

ここまで駆け足できましたが、令和2年になって、気付けば僕も47歳になりました。

来年は年男で、48歳になる年です。

さすがに30代の頃の勢いは薄れ、まだまだ元気ではありますが、実労働の部分においては稼働が落ちてきたことは否定できません。

これから先は、50代に向かっていくことを強く受け止めながら、お金に働いてもらうこと、つまり「投資」にも目を向けつつ、いかに労働から自分を解放させていくか、そんなことがテーマになってきそうです。

それについては、まだまだ知識が不足していますので、詳しい仲間に聞きながら進めていきたいなと思います。

 

まとめ

さて、簡単ではありますが、ちゃんやまの令和2年を振り返ってみました。

明日、正月は令和3年の目標を考えつつ、今までよりは少しゆるりと過ごそうかなと思ってます。

あなたの令和2年はいかがでしたか?

1年を振り返ってみることは、来年に向けてとても重要な作業ですので、お風呂に入りながらでも、じっくり振り返ってみてくださいね。

そして、令和3年はどんな年になるか分かりませんが環境に負けずに頑張っていきましょう。

今年1年、メルマガを購読していただいた方、雷神会にご参加いただいた方、ブログ記事を読んでいただいた方、有難うございました。

来年もまた宜しくお願いいたします。

 

先頭に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください