【Amazon】狩猟型か農耕型か【自分のせどりスタイルを考える】

せどりには店舗と電脳、新品と中古、そして様々なカテゴリなど色々なスタイルがあって、それぞれに結果を出している人がいます。あなたは自分にどんなスタイルが合っているのか考えたことはありますか?

 

どうもです、ちゃんやまです。

せどりには、【狩猟型】と【農耕型】があると、勝手に考えています。

今後、どちらを選択すべきか、考えてみました。

 

 

せどりにおける狩猟型と農耕型

その前に、まず狩猟型と農耕型についてご説明しますね。

 

狩猟型のせどり

店舗せどりはもちろん、ネットショップのセール品、アウトレット品や廃盤品、トレンド品などを狙ったせどりを、総じて【狩猟型】と勝手に呼んでいます。

特徴としては、1回仕入れたら、同じ商品は店から無くなっちゃうので、別の店舗に回収に回ったり、あるいは新たな商品を探さなきゃならない。

つまりは、ずーっと狩猟を続けないと、やっていけないんです。

下手すりゃボウズの日だってあるかもしれません。

 

それに、思いきり重労働なんですよね

商品を車に大量に詰め込んで帰宅した経験ありますが、それら商品を自宅に運び込んで、中古なら検品・清掃。

セット本なら検品・清掃・セット組。副業の方なら発狂しそうな作業が待ってます。

 

勿論、そういった労働の部分を外注化したり、納品代行を使ったりすれば、解決できることもあるかと思いますが、毎度毎度リサーチをしなきゃならない、というこれまた難儀な作業もあったりするわけです。

 

農耕型のせどり

それに対して、僕が実践しているのは、【農耕型】です。

農耕型せどりでは、プレミア価格の商品や、1点ものの商品を狙うことはしません。

(たまたま目の前にあったら仕入れちゃいますが)

 

基本的に、

『同じモノを何度も繰り返し売る』

ことを前提に仕入れ判断をしています。

例えば、1回で5000円の利益が出る商品だとしても、1回しか仕入れられなければ、それ以上の利益は見込めません。

 

利益をもっと上げたければ、他の商品を探すか、他店で見つけるしかありません。

逆に、1回で300円の利益しか出ない商品でも、10回、50回、100回と売り続けられれば、
長期に渡って、安定的に大きな利益を生み出すことが出来ます。

そういう商品を10種類、100種類と増やしていったら、あくせく働かなくても、毎月、リピートで売れる商品の在庫を補充するだけの、【単純作業】だけで、ある程度の利益を確保することが可能です。

売り切れそうになったら、同じショップから決まった量を仕入れて、Amazon倉庫に補充。

それをただ繰り返すだけなので、新たな商品を探し回らなくても、ある程度商品リストが出来てしまえば、1日1~3商品程度を見つけるだけで十分ということになります。

 

これが電脳だけで完結したら、どうなると思いますか?

どえらいヒマになりますよ。笑

もとい、時間が沢山出来ますよね。

 

せどりが目的ではない

せどりを始めたのは、なんのためだったか。ここを忘れてしまう方が結構多いですね。

自由な時間を得るため、家族旅行をしたい、借金返済のため、、、

人それぞれ事情はあると思いますが、それらを達成するため、解決するための手段としてせどりをしてるはずです。

それなら、せどり自体が重労働になって、家族とすれ違ったり、寝る時間を削ったりするのって、本末転倒なんですよね。

 

農耕型リピートせどりで時間を作る

僕のせどりスタイルは、

 

ちゃんやまのせどりスタイル
  • 月に2~3度の仕入れと
  • 月に2~3度の納品で
  • 安定的に収益をあげる

 

こんな感じでやっています。

 

決まった商品を毎月繰り返し仕入れて、販売しているだけなので、可能なんです。

さらに、仕入れ商品の7割ほどを納品代行に直送してますので、自分でやるのは小型・軽量商品だけ。

小型・軽量商品に関しては、妻にもラベルシールを手伝ってもらって、月2~3回だけ納品してしたが、現在では納品代行に完全に任せています。

それで出来た時間で、問屋さんに遊びに行ったり、メルマガ書いたり、ブログ書いたり、LINE@を配信したり、仲間と飲んだり、嫁さんと食事に行ったりしています。

なにしろ、精神的に楽でいいですね。

 

どうせせどり(物販)やるなら、楽しい結果がついてこないと、全然面白くないですからね。

せっかくだから楽しくいきましょう。

ストレスフリーこそゴールだと僕は思いますし、きっとみんなそうだと思います。

 

小型・軽量商品プログラムは初心者にもオススメ

せどりをする目的も色々ありますが、それによって稼ぎたい額も当然変わってきます。

もし、あなたが初心者で月収5万~10万円程度を安定的に稼ぎたいのなら、断然小型・軽量商品せどりがオススメですよ。

【電脳リサーチ】「雷神」を使って小型・軽量商品プログラムを攻略する方法!

 

小型・軽量商品プログラムは比較的ライバルが少ない、おいしい市場です。

ひとつひとつの利益額は小さくなりますが、まとまって高スピードで売れることが非常に魅力なのと、そもそも売れる商品しか扱えないという最大の魅力もあります。

1商品に対する1ヵ月の利益は3000~5000円程度ではありますが、そういった商品を何十種類も蓄積することで、安定的な収益が見込めます。

先ほども書きましたが、決まった商品が蓄積されたら、あとは毎月繰り返し仕入れて、販売するだけ。

 

せどりに追われる忙しい毎日とは真逆の世界を目指していきましょう。

 

まとめ

本記事のまとめです。

 

まとめ
  • せどりには狩猟型と農耕型がある
  • 狩猟型はそれなりに労働が伴うので場合によっては副業には不向き
  • 本当に時間を自由に使いたいなら農耕型がオススメ
  • 小型・軽量商品プログラムは初心者にもオススメ
  • せどりをした先にどうなりたいのかイメージすること

 

一言で「せどり」といっても、様々なスタイルがあります。

大事なことは、今の生活や仕事、家族など自分を取り巻く環境の中で何が出来るのかをしっかり考えることです。

稼げるからという理由が先行してしまうと、結果的に時間的自由を奪われ、結果稼げたとしても、ストレスが増えて病気になってしまうかもしれません。

それでは本末転倒です。

自分自身の時間の使い方の棚卸をして、そして稼いだ先に何をしたいのかもしっかりイメージして、自分に合ったスタイルを見つけてください。

 

副業でせどりを続けるために今年こそ自動化を目指してほしい理由

【電脳せどりリサーチ】「雷神」を使って小型・軽量商品プログラムを攻略する方法!

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください