【Amazon】新たに外用剤に出品規制!そもそも外用剤ってなに?規制解除方法は?

Amazon規約

こんばんは、ちゃんやまです。

ここ最近、Amazonにおいて新たな出品規制が入ったと騒がしくなっています。

その対象となるカテゴリが「その他外用剤」というものです。しかし実際に出品規制があるのは、シャンプーや化粧水のような商品のようで、いわゆる外用剤とは結び付きませんね。

今いったい何が起きているのか、テクサポに聞いたり僕が調べた範囲のことをお伝えします。

 

そもそも外用剤ってなに?

外用剤というのは、一般的には皮膚や粘膜に直接塗ったり貼ったりして使用する薬のことです。

例えば、軟膏やクリーム状の塗り薬、点眼薬、点鼻薬、座薬、湿布などがそれに当たります。

しかしそのような商品をAmazonで販売するには特別な許可や免許が必要で、一般的なセラーには関係のないものばかり。

今回の新規制ではどのようなものが具体的に規制対象となっているのでしょうか。

 

新たな規制対象となったもの

今回規制対象となった新規サブカテゴリは「その他外用剤」といい、英語表記ではTopicalsとなっております。

では具体的にどのような商品が「その他外用剤」に該当するのか、よく分からなかったので、テクニカルサポートにチャットで聞いてみました。

その結果、実はテクサポでも把握していないことが分かりました。

テクサポの認識ではそもそも「その他外用剤」というカテゴリが存在しないこと、その為、外用剤に該当する商品に関する資料はないという回答でした。

ですので、出品者側で都度対応してほしいとのことでした。

これはさすがにふざけてますね。笑

 

外用剤に該当する商品の例

ここからは、僕の知人からの情報や、ネットでの情報などから、どのような商品が外用剤に該当するのかを分かった範囲でお伝えします。

 

その他外用剤に該当する商品

・シャンプー
・トリートメント
・ハンドクリーム
・化粧水
・乳液
・マッサージクリーム
・アイクリーム
・下地化粧品
・香水

このような形になっていますが、概ね直接肌に塗ったり付けたりするものをAmazonは広義に該当させているようです。

また、石鹸やハンドソープに関しては、新型コロナの影響により、個人の安産に関わる製品および家庭用品として別途規制がかかっておりますので、こちらは別途解除が必要になります。

 

規制がかかっている主なアカウント

今回の新規制についてですが、古いアカウントについては規制がかかっているということはなく、作成してから半年未満程度の新規アカウントに主に規制がかかっているようです。

これは今回の外用剤の規制以外でも、食品や一部ブランドについても同様の規制がかかっていますね。

また、取り扱う商品によっては真贋調査がすぐに入りやすくなっています。

しかし、主に新規アカウントに規制がかかってるからといって、ベテランアカウントが安心というわけではありません。

開設から2年以上のアカウントでも規制があった事例もあるので、基本的には全てのアカウントで注意が必要という認識でいましょう。

 

規制の解除方法

規制解除の方法としては、2通りあると考えています。

 

規制解除方法その1

ひとつめは、シャンプーなどの比較的安く仕入れが出来るものを10点用意し、請求書をもらうい、Amazonに提出する方法です。

すぐに解除したいという方はこちらがオススメです。

仕入先としてはNETSEAスーパーデリバリーなどの卸から仕入れるのが確実ですが、Twitterの情報ではビックカメラでもらった請求書でも解除出来たという報告がありました。

ビックカメラに関しては他者の情報で、実際に僕や僕の関係者がやったことではないので、100%推奨するものではありませんが、一応情報として掲載しておきます。

 

規制解除方法その2

ふたつめは、アカウントを育てる方法です。

今回規制を受けているのは、概ね半年未満の若いアカウントであることが分かってますので、規制の少ないカテゴリで半年以上販売実績を積んで、自然に解除出来る状態に育つまで我慢するというやり方も出来ます。

規制の少ないカテゴリとしては、ペットやカー&バイク、外用剤ではないビューティ系商品やドラッグストア商品などがあります。

そちらでじっくりアカウントを育ててから挑戦するというのもありでしょう。

ただし、商品によっては真贋調査商標権侵害の警告が来るものもありますので、注意しながら育てていく必要があります。

 

まとめ

まとめです。

現在Amazonでは、登録から半年未満程度の新規アカウントに関しては、様々な規制があったり、非常に販売がしにくい状況にあります。

しかしそれをもって「セラーいじめ」とか「せどらー排除」と考える人も多くいるようですが、それは非常に稚拙な考えです。

Amazonがせどらーを排除するなんていう明確な証拠もありませんし、むしろいい加減なことをすれば当然罰せられるのは当然で、過去を振り返ってみるとそのような事例も多々あったことも事実です。

Amazonは基本的に購入者のために様々なサービスを提供する立場にありますので、出品者に対して「ルールの厳守」や「法律の厳守」をお願いするのは至極当然のことですし、商売をする以上当たり前の話です。

Amazonは敵ではなく味方。

あなたがルールを守って販売をする限りは大した問題はないはずですので、セラーセントラルに記載されていることなどをしっかり読み込んで、普段からAmazonの規約や法律についてなど勉強をすることが大切です。

 

まとめ

・外用剤は肌に直接触れたり塗ったりする化粧品などが該当する

・規制解除には正規の請求書を提出する必要がある

・登録から半年未満程度の新規アカウントが規制を受けやすい

・2年以上のベテランアカウントでも規制の事例あり

 

今後長くAmazonで販売していくためにも、ルールや法律はしっかり守りながら商売をしていきましょう。

 

 

メルマガ「労働型せどりから脱出するための無料講座」に登録で、ネットショップマル秘仕入先を公開しています。よろしければご登録くださいね。

 

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

ヤフオク全頭ツールに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録ください。

公式LINE登録で、電脳リピートせどりコンサルのコンテンツサイト無償提供など、限定特典をプレゼント中!