【Amazon】バリエーションの商品は結局どれが売れてるの?世界一簡単な確認方法

小技集

どもです、ちゃんやまです。

2020年に入ってから気になっていたんですが、様々な商品カタログにおいて、例えば色違いだったり、味違いだったり、セット個数違いだったり、元々バラバラだった商品カタログがバリエーションにより統合されていますよね。

購入者にとっては非常に便利なことなんですが、リサーチをする側からするとこれが非情に不便な結果を生むことになりました。

それは何かというと、バリエーションで統合された場合、一見、どの商品も全て同じランキングで表示されるようになってしまったんです。

例えば赤が凄く売れていてランキングが1,000位だったとして、全く売れていない緑も同じく1,000位で表示されてしまっているんです。

これは正直仕入れ判断が難しくなりましたよね・・・。

では、そういった商品に出くわしてしまった場合、どうすればよいか。

この記事ではその対策法をまとめてみました。

 

その商品実は売れてませんよ!

冒頭でもお伝えしたように、同じ商品でも色違いや、味違い、セット個数違いなどでバラバラだったカタログが、Amazonによりバリエーションとして統一されています。

また、例えばアンパンマンというくくりで、飴やチョコレート、ラムネなどといったバリエーションの統合などもあり、それが全て同じランキングで表示されるため、リサーチする側とすると非常に面倒なことになっています。

これは電脳でも店舗でもそうなのですが、そのようなバリエーションのある商品に出くわした場合には、慌てて仕入れることはせずに、まずしっかりと調べることが大事になってきます。

 

バリエーションとは

そもそもバリエーションとは何でしょうか。

主にAmazonに商品カタログを登録する時にそれは活躍します。

例えば、Amazonに商品カタログが無い飴を登録する際に、あなたが仕入れた商品がイチゴ味だったとしましょう。

イチゴ味はよく売れていますが、他にもレモン味やメロン味、コーラ味などもそれなりに売れていて、そちらのカタログも同時に作りたいとなった時、ひとつひとつ個別で作成するのって非常に手間がかかってしまいます。

そこで、Amazonではカタログを作成する際に、味違いや色違いなどを一度にカタログ登録が出来るようにバリエーションと呼ばれる手法で対応してくれてるというわけです。

もっと分かりやすいところで言うと、服や靴などがそうですね。

服や靴は、色違いやサイズ違いなどがあり、購入者にとって、それがバラバラのカタログで存在してしまうといちいち検索するのが大変になってしまいますので、カタログ上で自分の欲しい色とサイズを選択すれば便利です。

バリエーションの構造は単純です。

親ASINと呼ばれる、代表的なカタログの下に子ASINと呼ばれる色違いやサイズ違いのカタログを登録することで、全体的なバリエーションが完成します。

しかし、2020年に入ってからAmazonにおいて変化が起きました。

元々、Amazonにはカタログ作成時にバリエーションを作成する機能が備わっていましたが、2020年に入ってから、バリエーションの無いバラバラに点在するカタログ同士が統合されて、親ASINと子ASINでまとめられてしまったんです。

 

パソコンの画面ではこのように、味違いで統合されています。

 

スマホで見ると「パターン」というところがバリエーションに該当する部分になります。

 

 

せどらーへの影響

これにより、購入者は便利になりましたが、せどらーにとっては非常に不便になりました。

例えば、親ASINであるイチゴ味の飴が実は全く売れていない商品だったとしても、子ASINのコーラ味がめちゃくちゃ売れていてば、親ASINであるイチゴ味のカタログは一見非常に高いランキングで表示されることになります。

そこへたまたまリサーチしたせどらーが、これはいける!と思って仕入れたら・・・。

高ランキングでkeepaのギザギザもバッチリなのに、何故か全く売れない謎商品ということになってしまいます。

では、それを避けるためにはどうしたらよいか。

実は、世界一簡単な確認方法が存在します。

次の項からその方法を解説していきます。

 

どの商品が売れてるのか確認する2つの方法

では、実際にどの商品が売れているのか確認する方法をお伝えします。

方法は2つあります。

いずれもGooglechromeの拡張機能を使った確認方法ですが、いずれか好きな方法を選択して実践してみてください。

 

方法1:keepaを導入する

ひとつめの方法は、Googlechromeの拡張機能「keepa」を導入することです。

keepaは今年の5月にサービスが終了したモノレートの代替ツールとして人気の拡張機能で、商品の売れ行きだけでなく、商品のリサーチにも非常に優秀な拡張機能です。

こちらを導入することで、どの商品が売れているのか一目両全となります。

先ほどの「あまおう苺」で実際に見ていきましょう。

 

こちらが「あまおう苺」のkeepaのグラフになります。

 

こちらは「ストロベリーチーズケーキ味」をクリックした時のグラフです。

 

「信州りんご味」もクリックしてみました。

 

それぞれに、keepaのグラフのギザギザが違うことがハッキリ分かりますね。

ギザギザだけだと実際の数が分からないという方は、keepaのギザギザの数を数えてくれる拡張機能「キーゾン」を導入するとよいでしょう。

キーゾンについてはこちらを参照ください。

こちらは電脳仕入れでパソコンで操作した場合のやり方ですが、店舗の方は各種リサーチツールとキーゾンを連携させることにより、1ヶ月で売れてる参考数を見ることが出来ます。

実際の連携の仕方はキーゾンの記事をご確認ください。

 

方法2:Seller Spriteを導入する

ふたつめの方法は、同じくGooglechromeの拡張機能であるSeller Spriteを導入する方法です。

Seller Spriteは商品の売れ行きや、過去の推移、利益率や評価数など商品に対する総合的な仕入れ判断をすることが出来る拡張機能です。

導入に関してはこちらを参考ください。

※無料で使える拡張機能の項目をご覧ください。

 

こちらを導入すると、以下のように、全てのバリエーションの売れ行きの状況を見ることが出来ます。

ちょっと小さいので拡大してみましょう。

一番上があまおう苺味ですが、トレンドのところのグラフがオレンジ色で表示されていれば、しっかり売れている証拠となります。

ただ、欠点がひとつあり、接続が悪い時があって、ときどきグラフがちゃんと出ないことがあります。

そのような時は、リロードして再度試してみるか、右上の検索窓に個別のASINを入力して検索すると正確な情報が出てきますので、お試しください。

 

keepaは月額がかかり、SellerSpriteは無料で使うことが出来ます。

どちらを使うかはお任せしますが、いずれにしてもこのような方法を利用することで、簡単にどの商品が売れているのか確認することが出来ます。

是非お試しください。

 

電脳リピート仕入れコンテンツ無料で配付しています

かつて師匠と先輩と行っていた、電脳せどりの「リピート仕入れ」コンサルのコンテンツサイトを初心者用に作り直し、無料で開放しています。

電脳リピート仕入れに興味のある方は是非ご登録ください。

 

 

 

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

ヤフオク全頭ツールに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録ください。

公式LINE登録で、電脳リピートせどりコンサルのコンテンツサイト無償提供など、限定特典をプレゼント中!