危険!出品すると警告がくる食品!

商標権侵害とか、真贋調査とか最近うるさくなってきてますが、多いのがヘルビ系商品だったり、家電、おもちゃだったりしますね。

しかし、実は食品にも警告が来る商品って存在します。
あまり多くはありませんが、食品せどりに取り組んでる方はチェックしておいてくださいね!


警告が来るパターン

食品の場合、商標権侵害や真贋調査といった警告は殆ど例がありませんが、直接メーカーより警告の連絡が来ることが殆どです。
しかし、無視して販売を続けると、アマゾンに通告されて、今度はアマゾンから警告を受けるという最悪のパターンになります。

どういったパターンで警告が来やすいのか、しっかりと押さえておくことが大事ですので、ひとつひとつ覚えておきましょう。


メーカー直販商品の転売

最も多いのがこのパターンですね。
メーカーが直販しているカタログに相乗りすると警告の連絡がきます。

対策としては、素直に商品を取り下げ、謝罪文を送りましょう。


お土産品の転売

食品せどりでは定番のご当地土産や名産品の転売です。
この場合、警告が来るパターンとそうでないパターンがあります。

警告が来るパターンは、有名メーカーの直販サイトか現地でしか買えない商品を転売した場合です。

勿論、未だに警告が来ないものもありますが、中にはすぐに連絡をしてくるメーカーもありますので、要注意です。

また、お土産品は基本的にお土産店などの業者にしか卸をしていませんので、基本的に転売NGだったりします。

現状、転売が出来たとしても、今後はアウトになる場合もありますので、注意しながらせどりしてくださいね。


メーカー直販(アマゾン)はないが、メーカーオリジナル商品の転売

アマゾンカタログにメーカーの直販はないが、メーカーオリジナル商品で、且つ一般には卸してない商品も警告が来るパターンです。

ヘルビ系に比べると、食品はそれでも警告が少ない方ですが、過去に「訴える」という通知がきた事例もありますので、要注意です。


過去に警告が来たメーカー

まとめ

食品の場合、ヘルビ系と違って、商標権や真贋調査の例は聞いたことはありませんが、メーカーから直接警告が来ることが殆どです。

しかし、取り下げ要請を無視すれば、アマゾンに連絡が行き、アマゾンから警告が来るようになります。その場合には、真贋調査だったりしますので、警告が来たら、素直に商品を取り下げて、自分で食べちゃいましょう。

また、警告が来やすい商品の特徴としては、

・オリジナル商品
・その地域でしか売ってない特産品、名産品
・有名メーカーのお土産品

などが挙げられます。
元々、お土産店などにしか卸してなかったり、そもそもネット販売していない商品だったり、そういった商品に関しては、始めはおいしくても、後々警告が来る可能性があるということを頭に入れておいてください。

 

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

小型・軽量商品プログラムに興味のある方は、以下よりメルマガにご登録くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください