【食品・消耗品電脳せどり】有効的なセラーリサーチのやり方とデメリット

初心者からベテランまでリサーチ方法としてセラーリサーチが有名だけど、有効的なリサーチのやり方がよく分からない…。実際デメリットとかもあるの?教えてほしい。

本記事では、こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ちゃんやまです。

今日は、電脳せどりにおけるセラーリサーチについて解説します。

なんだよセラーリサーチかよ!知ってるよ!

なんて思うかもしれませんが、僕が普段やっているセラーリサーチは一味違います。

特に食品や消耗品せどりにおいては絶大な力を発揮しますので、是非チェックしてくださいね。

 

有効的なセラーリサーチのやり方とデメリット

ここからは、セラーリサーチについての解説と具体的なリサーチ方法、デメリット、更に突っ込んだリサーチ方法を解説していきます。

セラーリサーチが身に付くと、リサーチの幅がグンと広がります。

この記事に書かれていることを習得して、日々のリサーチの役に立ててください。

 

セラーリサーチとは

まず、知らない方のためにも、セラーリサーチについて解説します。

セラーリサーチとは、ある商品を出品しているセラーが扱っている商品を覗いて、良さそうな商品があれば、真似して相乗りしちゃおうという、いわゆるカンニングみたいなものです。

商品知識があまりない初心者からベテランまで、多くの電脳せどらーが実践してるノウハウで、特にせどりを始めたばかりの方には有効なリサーチノウハウになってます。

簡単にセラーリサーチの方法を解説します。

 

セラーリサーチのやり方

知ってる方は、ここは飛ばしてしまって大丈夫です。

商品ページを開いて、価格の下にある「新品の出品」をクリックしてください。

たいていは価格の下にありますが、時にはページ左の方にあったりしますので、探してみてください。

 

そうすると、この商品を販売しているセラーの一覧が表示されます。

表示されたら、めぼしいセラーを選択し屋号か評価の部分をクリックしましょう。

 

クリックすると、ストアフロントと呼ばれるセラーのページに飛びます。

飛んだら、ページ中頃~下の方にある評価欄のタブから、赤枠で囲ってある「製品」をクリックしてください。

 

するとこのように、このセラーが取り扱っている商品一覧が表示されます。

基本的に人気順で並んでますので、あとは上から順番に見ていくだけの作業になります。

ただ、どのくらい売れているのか、Amazonがいるのかいないのかを確認するために、Googlechromeの拡張機能「keepa」は入れておくと、効率的にリサーチが出来ます。

 

【有料・無料】電脳せどりの仕入れやリサーチ、販売などで使えるツール&サービスまとめ

 

また、ベテランセラーになる、セラーリサーチを避けるために、わざとAmazonが販売している商品を空売りする形でダミーで出品してる場合もありますので、それを避けたい場合は上記拡張機能を入れるか、画面左下にある「続きを見る」をクリックすることで、メーカー名からリサーチすることも出来ます。

 

ここから、コカ・コーラやザバスなど明らかにAmazonが売ってそうなメーカーを避けてリサーチしてみるのもひとつの手です。

しかし、最初のうちは上から順に見ていく方が確実ですね。

 

セラーリサーチの注意点

セラーリサーチにはひとつ注意点があります。

商品ページを開いても、実は他の相乗り出品者の情報が表示されません。

ストアフロントから見た、セラーの商品ページはあくまでそのセラー専用のカタログページになりますので、他のセラーの相乗り状況を見るためには、いったんモノレートに飛んで、それから開き直すことで、他のセラーも表示されたカタログページを開くことが出来ます。

これをしないと、「お!出品者ひとりだ!」と勘違いしてしまいますので、必ずモノレートで開き直すことを忘れないようにしてください。

 

簡単ですが、以上がセラーリサーチの方法です。

先ほどもお伝えした通り、とても有効な方法ではありますが、実は大きなデメリットを抱えています最大の欠点と言ってもいいこのデメリットを事項で解説します。

 

 

セラーリサーチのデメリット

多くの電脳せどらーが使っているセラーリサーチですが、大きなデメリットを抱えています。

それは、あなたがセラーリサーチで他のセラーに相乗り出品した場合、その相手にもあなたがセラーリサーチされてしまうということです。

中には、相乗りしてきた人を片っ端からリサーチして、見境なく相乗りしてきたうえで、わざと価格競争を引き起こし、他セラーを追い出そうとパワープレイをしかけてくるセラーもいます。

特に資金力のあるベテランセラーに多いですが、一度食らいつかれたが最後、あなたが撤退するまで価格を下げて販売し続けますので、あとはもう泣くしかなくなります。

また、そのようなパワーセラーには、コバンザメのように中堅、ベテランセラーもくっついていて、お互いにリサーチし合っているので、もれなく大量のセラーがあなたの商品に相乗りしてくるという地獄のような結果が待っています。

あなたがメーカーや卸から仕入れているのであれば、相乗りもされにくいですが、せどりということであれば、このようなことが日常的に行われていることを覚えておいてください。

 

効果的なセラーリサーチノウハウ

では、そのようなパワーセラーを避けながら、効果的なセラーリサーチをするにはどうしたらよいか。

実は、僕が過去から実践している、特に食品せどりに強いやり方があります。

一般的なセラーリサーチは、いわゆるせどらーっぽいセラーを狙うのが通常ですが、僕が実践しているノウハウは違います。

僕が狙うのはこのようなセラーです。

分かりますでしょうか。

簡単に言ってしまうと、せどらーではなく、本職の業者系ショップです。

画像のセラーは駄菓子系を主に販売している業者ですが、注目して欲しいのは価格です。

自己発送で 345円+配送料 という形で販売されてますよね。

こういった、自己発送しかいない商品や、FBAであっても商品代金+送料でいい値段を付けている業者が実は多く存在します。

そして、こういった業者系セラーは、ライバルが少ないことが多々ありますので、セラーリサーチをするならこういった業者系セラーを狙った方が、悪質なパワープレイをしかけてくるせどらーに邪魔されずに、平和に相乗りすることが出来るというわけです。

 

更においしいリサーチ法

業者系のセラーリサーチをオススメする理由は実はここからです。

業者系のセラーを観察していたら、あることに気が付きました。

それは、業者系セラーは、よく新商品のカタログを作っているということです。

そして、その商品が後日、しっかり売れていくという事実に気が付いたんです。

全ての商品がそうではありませんが、結構な確率で売れるカタログになります。

 

そうなんです。

実は、業者系セラーはカタログ作りの名人だったりする場合があります。

 

ということは、

その業者が作る新規カタログを常にチェックしておけば、いち早く相乗りすることが出来ますよね。

 

これこそが、僕が発見した究極のセラーリサーチノウハウになります。

非常に簡単なノウハウですが、実践している人はあまりいないので、是非お試しください。

 

 

ダミー商品を一気に消し去る裏ワザ

上記でもお伝えしましたが、セラーリサーチをしていると、Amazonが販売している商品を何千点もダミー出品して、リサーチをかく乱するような行為が多々見られます。

ベテランセラーに多いのが特徴ですが、実はそんなダミー商品を一気に消し去る裏ワザがあります。

このワザを使えば更にリサーチもはかどりますので是非お試しください。

リサーチ方法は以下の記事を参照ください。

【セラーリサーチ】Amazonセラーの大量のダミー商品をkeepaを使って消去してしまう方法【対策】

 

 

まとめ

本記事のまとめです。

 

一般的なセラーリサーチの特徴
  • 一般的なセラーリサーチは簡単に商品が見つかる
  • しかし、相乗りすれば、逆に相乗りされやすくなる
  • パワーセラーにあなたの商品がことごとく相乗りされる事態も起こりうる
  • 結果、価格競争、赤字損切り、など地獄状態に

 

セラーリサーチは、他のセラーがどんな商品を扱ってるのか、カンニングするのには非常に素晴らしいノウハウですが、時には痛い目を見ることもあるということを伝えている人は非常に少ないですし、効果的なセラーリサーチ方法を伝えてる人も残念ながらとても少ないです。

ですので、せどらーっぽいセラーをリサーチする際には、そのセラーが扱ってる商品をよく観察して、価格競争ばかり起きていないか確認してから相乗りするようにしましょう。

それと同時に、僕が昔からやっている業者系セラーもチェックして、相乗りされにくい商品を見つけてみてくださいね。

特に、メーカー・卸系のセラーはより相乗りされにくい傾向にありますので、これを機会にメーカー・卸にも目を向けてみてください。

 

 

【おすすめ】電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビュー!【限定無料特典あり】

【初心者向け】電脳せどりのやり方・ノウハウ無料公開!【過去にコンサルで使用したコンテンツサイト無償提供中!】

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください