【公開】2021年ちゃんやまショップの販売実績と分析、今後の展望

2021年も、昨年同様毎月の実績と分析、振り返り、そして今後の展望について発信してきたいと思います。皆さんの活動の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 

こちらの記事では、2021年の1月から12月までの実績の公開と分析、振り返り、展望について毎月更新していく形で公開します。

2020年は物販の方で大きく業績を伸ばすことが出来ましたが、同時に実労働の部分を頑張り過ぎてしまったため、今年は電脳リピートという本来の姿を取り戻すべく、空いた時間に行っていた卸問屋での仕入れをもう少し効率化して、且つ実績も更に上げていこうと思っています。

 

Contents

2021年ちゃんやまショップの実績と分析、今後の展望

 

 

 

 

1月の販売実績

2021年1月の販売実績は458万円となりました。

2020年12月が578万だったので、120万ほどのダウンになりました。

年末年始の納品代行休みに伴い、仕入れを控えていたため予想通りの結果となりました。

 

1月の分析

先ほども書いた通り、年末年始の納品代行の休みと、各ネットショップの配送の関係で年末年始仕入れを控えていたのもありますが、逆に反省点として、それを見越した仕入れを前倒しで行うべきだったと思いました。

その辺については今年の12月に生かしていこうと思っています。

 

食品、消耗品

基本的に毎月決まった仕入れをベースにしていますが、チョコレートや高回転のトレンド系食品の仕入れが目立った1月となりました。

トレンド系食品に関しては基本的に卸問屋への発注がメインになりましたが、その他の楽天からの仕入れに関して言えば、ポイントせどらーの増加により、単品高回転商品で利益が出ていたものが、相乗りによりかなり食われた感があります。

この辺はいたちごっこかなとも思いますが、とはいえ、全く商品が見つからないわけではなく、昨年から引き続きになりますが、商品の入れ替え作業をしてる感じです。

そういった意味では、より問屋仕入れが厚みを増した、とも言えますが、先ほどの反省点もありますので、今後はネット問屋やメーカーからの仕入れにも力を入れていきたいところです。

この傾向はこれからも続くと思うので、どんどん入れ替えてこうと思ってます。

 

新規作成の商品カタログが好調

昨年作成した商品が、ドラッグストアカテゴリにおいて、15000位まで上がってきました。

更に評価も8個まで増えて、1ヶ月の回転がかなり良くなってます。

1個の利益は350円ほどになりますが、これが月に50個ペースで売れてきているので、いい感じの利益を生み出してきています。

それに乗じて、先月に新たなカタログを作成しました。

初回で30個仕入れましたが、早くも9個売れてますので、これも順調に育っていきそうです。

新規商品カタログの作成のコツとして

 

商品カタログ作成のコツ

・売れる商品タイトルの付け方

・売れる商品のカテゴリの見極め

・売れる商品のライバル数の見極め

 

この辺がだいぶ見えてきた感じがするので、今年も力を入れていこうと思います。

 

新規融資申し込み

先日信金の担当者がやってきて、3月までの申込限定で、無利子の融資の話をしてくれました。

基本的な額面は500万円で、場合によっては1000万円までいけるかもしれません。

3年36回払いなら、完全無利子となるようなので、こんなお得な話もなかなか無いし、申し込んでみようと思ってます。

国から補助金もらえるほど、業績が低迷してるわけじゃないので、ここは「攻め」の一手しかない。

 

2月の展望

その他のカテゴリに関しては、例月と特に変わらないので、今月は割愛させていただきます。

今年の目標としては、

今年の目標

・邪魔されない物販

・自動収益化

こんなこともありますので、早くも1ヶ月が終了しましたが、2月もしっかり走ってこうと
思っています。

 

2月の販売実績と分析

2021年2月の売上は約487万円となりました。

前月1月と比べて29万円ほどのアップとなりました。

2月は28日まででしたので、2~3日足りない中では、まずまずの数字だったかなと思いますが、常に500万は超えてたいと思ってるので、不満な数字ではあります。

物販以外の事業に、ちょっと集中してしまったのが、原因かもしれません。

しかしその分、そちらの柱は順調に伸びてくれたので、全体的な売上としては、いい数字が取れたかなというところです(情報発信の売上のことです)。

 

食品・消耗品

メインである食品・消耗品は、チョコの売上も下支えとなって、引き続き好調をキープしています。

以前はポイント狙いで、高回転の食品も狙っていましたが、あまりのポイントせどらーの増加で、彼らが消えるまで、しばらく様子を見ようと思います。

僕の場合ですが、どうも複数人にマークされてるようで、新規で商品を見つけてもすぐ真似されて、例えば、ランキング7万位、月の売れ個数7個くらい、こんなお菓子にも群がってくる始末なので、正直ちょっと辟易としています。

というわけで、食品に関しては問屋仕入れを増やして、利益追求型に方向を転換していきます。

チョコレートに関しては、今月で取扱いも終了しますので、あまり調子にのり過ぎず、徐々に通常食品に入れ替えていこうと思います。

 

新規カタログの売れ行きが好調

新規で作成したカタログに関しては、先月から引き続き好調です。

昨年作成したある商品は、評価数も10個となり、更に回転が上がってきました。

現在月80個近く売れる商品に成長し、近々3桁いくような気がしています。

そして、昨年末に作成したもうひとつのカタログ。

こちらも月に10個以上売れるようになり、ここから更に加速していきそうな予感。

1月の分析でも書いた通り、

・売れる商品タイトルの付け方

・売れる商品のカテゴリ見極め

・売れる商品のライバルの見極め

ここがちゃんと見極め出来れば、間違いなく売れると確信が持てるようになってきました。この調子で、また新たなカタログを作ろうと思います。

 

新規融資申し込み

信金の方が来訪し、新たに500万円の融資を申し込み。

以前も100万借りて、順調に返済は進んでるので、(ってか使てない)今回もすんなり通過するでしょう。

物販を大きくやるには、後ろ盾となる資金は重要。

今年の展開に向けても、しっかり融資生かしていこうと思います。

 

ヤフショのショップ構築

先月末から新たに取り組んでるのが、ヤフショのショップ構築。

当面の理由としては、

「メーカー・卸との契約を、 円滑に進めるため。」

なのですが、ゆくゆくはヤフショでの販売も視野に入れていこうと思っています。

 

・卸仕入れ→ヤフショ無在庫

・卸仕入れ→フルフィルメントbyヤマト利用

・Amazon刈り取り→ヤフショ販売

 

今こんなことを考えていて、かなり可能性があると感じていますが、まだ研究が足りてないので、今後は日々のインプットを頑張っていきます。

 

雷神会

2月27日(土)に開催した雷神会がとても好評でした。

配信はZOOMでやっておりますが、仕様上人数制限があり、現在は300名となっています(それ以上増やそうとするとそれなりに資金が必要になります)。

第10回目となる雷神会のテーマは「keepaレシピ」ということで、keepaのリサーチ機能「Product Finder」を使った様々なマニアックなリサーチ法を公開。

事前にも配信内容を伝えていたのですが、当日時間前に公式LINEアカウントにZOOMリンクを投稿したところ、ライブ配信開始前に上限の300名が埋まってしまい、そのためZOOMに入れない方が続出するというハプニングが起こってしまいました。

僕ら雷神会メンバーも予想だにしていない出来事だったので、参加出来なかった方には正直申し訳ない気持ちでいっぱいですが、しかし、これだけ好評をいただいたことにはとても嬉しく思ってます。

今後は配信人数などの問題についてメンバーで話し合って、どうしていくか考えていこうと思います。

今月は27日(土)に予定していますが、引き続き宜しくお願いいたします。

【雷神会】せどりのアイデア、時間、収益を生むリアルタイムウェビナーを参加費無料で毎月開催しています

 

3月の目標

基本的にひとりで物販も情報発信もやってますので、今後はしばらくの間はあまり変わらない活動になっていきそうですが、先月から増えた作業もありますので、合わせてまとめておきます。

3月の目標
  • 月商500万を超える
  • 新規カタログの作成1件
  • ヤフショショップの構築と卸契約1件
  • 小型軽量商品のリサーチ

 

そんなわけで、令和3年もあっという間に3月に突入ですが、引き続き攻めの姿勢を貫きつつ、美味しいもん取り寄せたり、のんびり散歩したり楽しんでこうと思ってます。

 

3月の販売実績と分析

2021年3月の売上は約495万円となりました。

2月と比べると8万円ほどの微増ということになりました。

目標である500万まであと少しでしたが、売上を落とさなかったのはよかったです。

Amazon以外ですと、先月からスタートさせたヤフショの売上が1.4万ほど(少ない)がありますが、合わせても届きませんね。笑

 

食品・消耗品

3月からはいつもの問屋仕入れに加えて、久々に小型軽量にも力を入れ始めたのと、別のネット問屋から新規商品仕入れが追加されたのもあって、チョコレートに代わる売上として、うまいこと3月がスタート出来た感じです。

メーカー仕入れながら、セラーの増加&価格競争の激化により、(ほんとどうなってんだ…)仕入れを控えてる商品もありますが、代わりになる商品をすぐに探せたのは今後大きいかなと思っています。

またメインの仕入れ先である、リアル問屋からの仕入れ商品については、2月までは自力で納品していましたが、3月からは納品代行に送るようにした結果、かなり時間を作ることが出来ましたので、リサーチも加速している状況です。

この調子で4月も売上を伸ばしたいところ。

 

Yahoo!ショッピング店販売開始

昨年から申請していた、ヤフショ版のフルフィルメントサービスである「フルフィルメント by ヤマト(FBY)」との契約が、契約締結まで進んだところで止まっていて、FBYの利用に関してはまだ出来ていないのですが、商品はすでに手元にあるので、先月中盤から自己発送で始めました。

今のところ3月に2個、4月に1個と、ちょっと低調なスタートですが、まだまだ勉強不足なところもあるので、これから研究を重ねながら、いずれは大きな月商に育てていきたいです。

 

ネット卸が好調

これまではスーパーデリバリーをリサーチしまくっていたのですが、最近はNETSEAをメインにやっています。

「仕入れ商品が見つかりにくい」とよく言われているNETSEAですが、まっすぐ見たのでは確かにあまり無くて、しかしちょっと視点をズラすと見つかる、みたいな感じでちょろちょろと仕入れ商品が増えてきています。

この調子でリサーチを継続して、安定した仕入れを行えるようにします。

NETSEAについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

電脳せどりリサーチツール雷神を使ってネット卸サイトNETSEAを攻略する方法

ネット卸サイトNETSEAは評判が悪いって本当?リサーチ方法を徹底解説!

 

4月の目標

3月の目標であった月商500万超えは達成出来なかったので、引き続きの目標としつつ、新たな取引先の開拓をどんどん進めていきたいと思います。

先月500万円の融資も受けたので、ここは攻めの一手ですね。

4月の目標
  • 月商500万を超える
  • ヤフショショップの売上アップ研究を進める
  • 新規取引先の開拓を進める
  • NETSEA完全攻略を進める

 

というわけで、4月も引き続き頑張っていこうと思います。

 

4月の販売実績と分析

2021年4月の売上は約380万円となりました。

前月比100万円以上下げる結果となり、前年同月比でも200万円以上の下げとなりました。

サボっていたわけではないのですが、原因はハッキリしております。

 

食品・消耗品

売上ダウンに最も影響したのが食品でした。

僕がレギュラーで仕入れていた商品が、コロナの影響で年明けからメーカーからの供給が少なくなり、現在も仕入れに個数制限が出たためです。

たった2種類ですが、主力商品だったため、売上ダウンの大きな要因となりました。

そしてもうひとつは、小型軽量で主力だった商品に、僕の大嫌いなセラーが激安で参入し、3ヶ月以上居座って動かないためです。

僕らは600円弱で売ってましたが、そのセラーはまさかの410円の自己発送。

配送料考えても、かなりギリギリの利益だと思いますが、全くどく気配がなく、やむなく撤退。

その商品だけで、月に300個以上は売っていたので、これはかなり痛手でした。

値段を下げれば売れますが、それだと大幅な赤字となるため、FBAでの販売は暫く止めます。

というわけで、主力商品3つだけで、100万以上売上ダウンという結果となりました。

 

ネット卸の新規リサーチが引き続き好調

先月から継続している、SUPER DELIVERYとNETSEAリサーチですが、雷神と目視によるダブルリサーチにより、利益商品がどんどん見つかっています。

これに加えて、ザッカネットというネット卸もリサーチし、ここでも利益商品が結構見つかってます。

ザッカネットは完全目視リサーチで、難易度も結構高いですが、その代わりいい商品が眠ってる印象です。

食品の主力の売上ダウンを、新規商品で補いつつ、更なる売上アップを狙いたいところ。

 

リアル問屋の食品で新規商品仕入れ

ネット卸も好調ですが、リアル店舗の卸も好調です。

主力商品がコロナの影響で思うように仕入れが出来ないのは残念ですが、新たに見つけた商品の売れ行きが好調で、売上ダウンの一部を補ってくれそうです。

しかも、恐らく誰もが素通りするようなマニアックな商品なので、まず真似されることはないでしょう。

ゴールデンウィーク中で追加仕入れが出来ませんが、明けたら一気に発注をかけたいと思います。

 

Yahoo!ショッピングは低空飛行

4月になってようやくフルフィルメントサービスの利用が開始可能となりましたが、現状まだ納品出来ていない状況です。

というのも、やり方を覚えるのに時間がかかってます。

Amazonに慣れてるせいか、とてもやりにくい…。

とはいえ、自己発送ではありますが、商品はちょろちょろ売れてます。

ただもっと売れるためには、色々と工夫が必要なようで、その辺はプロのカールさんに聞いたので、言われた通りに実行してこうと思います。

 

5月の目標

2021年もあっという間に5月になりましたが、4月までにリサーチを続けてきたネット卸やあるネットショップ、リアル問屋からの仕入れを一気に加速していきたいと思います。

主力の食品も月を追うごとにメーカーの生産も回復してくるとは思いますので、焦らずに、まずは自社の土台をガッチリ固めていこうと思います。

また今月からチョコレートのFBA取扱が開始されますので、それに合わせて、商品のリサーチも進めていきたいと思います。

 

5月の目標
  • ネット卸、リアル卸の商品仕入れの拡大
  • 3個以上の複数個セット品リサーチ拡大
  • 大型商品のリサーチ拡大
  • チョコレート商品のリサーチ拡大
  • 小型軽量商品のリサーチ拡大

 

今月は数字的目標というよりも、4月までにリサーチして見つけた新規商品の発注と、大型や複数個セット品、チョコレート、小型軽量などのリサーチを引き続きやっていこうと思います。

5月も引き続き頑張っていきます。

 

5月の販売実績と分析

2021年5月の売り上げは569万円となりました。

前月比190万弱以上戻す形となり、前年同月比に近い数字を残すことが出来ました。

先月はレギュラー商品の供給減により(特に食品系問屋)、大幅に月商を落とす結果になりましたが、現在もそれは続いているため、先々月から力を入れていた新規仕入れ先の開拓が今月になって花開いたという感じです。

食品に関しては、ある程度決まった仕入れが出来るので、それ以外の日用品の仕入れが増え、月商の大幅伸びに貢献してくれました。

特に医療系の卸と繋がったのが大きく、ランキング一桁台の超高速商品など、今後の主力となりそうな商品の仕入れが今後期待出来そうです。

 

ネット卸の新規リサーチが引き続き好調

先々月から続けている、SUPER DELIVERYとNETSEAリサーチに加え、ザッカネットのリサーチも好調で、今後レギュラーに定着しそうな商品の仕入が着々と進んでおります。

また新規カタログ作成も好調ですが、既存の商品カタログでも、これまで取り扱ってこなかった商品の仕入が可能となり、僕をマンマークしているセラーも(何人かいるのですよ)、さすがに真似出来ないんじゃないかと思います。

 

夏季のチョコレート販売に目途

夏季のチョコレート販売がいい感じです。

5~6月に関しては気温もそれほど高くないので、特に問題なく納品出来そうですが、問題は7~9月。

この期間は、夏場にも強い商品を仕入れて、テスト的に販売していこうかと計画中。

チョコレートに関しては以下に詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【2021年最新版】Amazonチョコレートせどり|とっておきのリサーチ方法教えます

 

小型軽量商品の激アツXデーに向けて

Xデーとは2021年6月16日のこと。

小型軽量商品の新手数料体系のスタートと、Amazonラベル貼り代行サービスの開始です。

※詳しくはコチラを参考のこと。

【Amazon】FBA小型軽量商品プログラムにビジネス拡大のチャンス到来

 

残念ながら、35x30x3.3㎝を超えるサイズのものは、手数料が198円→205円と大幅アップですが、25x18x2.0㎝以内で250g以下であれば、198円→193円と手数料が安くなるので、この辺の商品のリサーチがキモになってきます。

既に先月からリサーチは進めていて、納品代行倉庫にどんどん直送してるので、今月の小型軽量からは目が離せなそうだし、今後の主力として捉えていこうと思います。

また、マルチチャネルサービスも使えるようになったので、ヤフショにも商品登録をしてダブルで売っていく体制を整えていこうと思っています。

 

ヤフショは少しずつ

ヤフショxヤマトはまだ利用してませんが、ヤフショで売れるようになるためには、レビューを増やして実績を作る必要あり、と仲間にアドバイスをもらったので、そちらを実践中です。

取り合えず赤字でもいいので、ヤフショで売れ筋の安いお菓子を仕入れてきて、それをクーポン付きで売ってるんですが、先月末からちょいちょい売れてきました。

今年残り半年は、暫くこれを継続していって、ゆるりと育てていこうと思っています。

 

6月の目標
  • ネット卸、リアル卸の商品仕入れを引き続き拡大
  • 独自カタログ作成の強化
  • 7月以降扱えるチョコレート商品のリサーチ拡大
  • 小型軽量商品のリサーチ拡大

 

そんなわけで、引き続き卸リサーチをしつつ、小型軽量商品も拡大していきます。

6月も頑張っていきましょう。

 

6月の販売実績と分析

2021年6月の売り上げは428万円でした。

5月が569万でしたので、141万円の大幅ダウンでした(^^;

前年同月比でも大幅ダウンでしたが、昨年の今頃はコロナ特需でしたので、それほど気にはしてませんが、前月比大幅ダウンはちょっと残念です。

原因はハッキリしていまして、大きく3つの理由があります。

 

原因①:独自カタログの在庫切れ

これはとても大きかったんですが、昨年作成した独自カタログの、仕入先での在庫が切れてしまい、次回は8月まで仕入れ不能な状態です。

購入者の評価も20を超え、Amazons choiceも付いたカタログなので、これが一番ショックでした。

次回仕入れしたところで、どの程度復活出来るか分かりませんが、これが大幅ダウンの原因のひとつでした。

 

原因②:超高回転マスクに邪魔入り

とある卸から仕入れていたマスクですが、最初は順調に売れていて、それが5月の売上に貢献していたんですが、突然卸本体がかなり安い価格で登場して、以後仕入れしにくくなったのがふたつめ。

酷い話ではありますが、卸に販売するなとも言えないので、そういうことなんだと受け止める他なし。

※何度も僕は言いますが、卸が小売行為をするのは不届き千万です。

いい卸と繋がれたと思いましたが、ちょっと残念な結果になってしまいました。

 

原因③:独自カタログを勝手に変えられた

以前メルマガにも書いたのですが、防災系の独自カタログを作成し、その後順調に売れていたんですが、何者かに商品タイトルを勝手に変えられ、それが原因でカタログも削除され、痛い目を見たのがみっつめの原因です。

完全に嫌がらせでしたが、こういうしょうもない人間もいるのかと、まあ勉強にはなった出来事でした。

実はやられたのは2度目で、1度目はコチラの記事をご覧ください。対処法も書いてます。

【嫌がらせ】Amazonのカタログの商品名を意図的に変えられた場合の対処法

 

以上3つほど原因がありますが、超売れ筋のカタログ作っても、こんなことが起こるのが物販の世界。

既に別のカタログを作成し、挽回を計ってるところですので、めげずに頑張っていきたいと思います。

 

小型軽量商品のリサーチが好調

6月16日からスタートした、小型軽量商品のラベル貼り代行サービス。

今後は小型軽量が熱くなるということで、6月はkeepaと雷神を使って、小型軽量のリサーチに力を入れました。

結果かなりの仕入れ商品が見つかり、あとはポイントせどりも絡めて、回していくだけの状態になりました。

今後の月商の下支えの一部になることを大いに期待しています。

【Amazon】小型軽量商品プログラム攻略コンテンツ『The Minimum Hunter』レビュー 【利益計算ツールもあり】

 

ヤフショが徐々に売れ始める

6月にコツコツと増やしはじめたヤフショのカタログですが、売れる量が少しずつ増えてきました。

「カタログ増やせば売れるよ」

というアドバイスに素直に従い、コツコツ増やしてきたのがよかったです。

基本Amazonとの併売で、売れたらマルチチャネルで発送ですが、これはこれで凄く楽でいいですね。

ただまだ月商10万にも満たないので、まだまだ課題山積といったところです。

 

ネット卸の取引先が増えた

6月はスーパーデリバリーや、NETSEAといった有名どころ以外のネット卸との取引も増やしました。

仕入れ自体はこれからですが、中には結構いい卸もあったりして、7月は何とか月商を戻せるかもしれません。

あまり過度の期待は禁物ですが、最低500万は稼げるように頑張ります。

 

7月の目標
  • ネット卸商品仕入れを引き続き拡大
  • 独自カタログ作成の強化
  • ヤフショのカタログを増やす
  • 小型軽量商品のリサーチを引き続き拡大

 

7月に入り、梅雨が明けた後半は気温も上がります。

そういった時に、体調が悪くなる人も多いので、体調管理をしっかりして、7月も元気に乗り切っていきましょう!

 

7月の実績と分析

2021年7月の売り上げは約445万でした。

6月が428万くらいでしたので、約17万のちょいプラスでした。

前年同月比と比べると43万のマイナス。

昨年と何が違うかというと、商品の入れ替えが大きかったです。

とある卸から仕入れている食品の多くに未熟なセラーが群がったことで、取扱い商品の殆どで価格競争が勃発。

その結果取扱い商品点数を減らさざるを得ず、しかしその代わりに、力を入れていた小型軽量の大幅増加で、大きく下げることはなかった、という感じになりました。

また6月に起こった、

  • 独自カタログの在庫切れ
  • 超高回転マスクに邪魔入り
  • 独自カタログを勝手に変えられた

 

といった3つの事件に関しては、それぞれに他商品にシフトしたり、新たに独自カタログを作成し直したりして、なんとか上向きになってきました。

そこに更に新たな当たりカタログと、新規チョコ商品が加わるので、8月はもう少し持ち直すと思っています。

 

食品の仕入れ先と販売方法シフトチェンジ

先ほどもお伝えした通り、長年仕入れ先として使っていた食品系卸の商品に対して、新規参入者が続々と増え始め、悪いことに秒で価格競争を始めるので、6月以降取扱い量を大幅に減らしてます。

その代わりりに、リアル問屋からの新規発注と他問屋の新規開拓、独自カタログの作成などにより、
仕入れ商品の入れ替えを行い、今年後半戦に向けて着々と進めています。

特に販売方法として、相乗りではなく独自カタログを増やすことで、もっと安定的に販売出来るように今から来年にかけて継続していこうと思っております。

 

小型軽量商品は引き続き好調

小型軽量は殆どがせどりによる仕入れになりますが、keepax雷神を使った独自のリサーチにより、小型軽量商品の取扱量は引き続き増加しています。

※詳しい方法はコチラに掲載

【Amazon】小型軽量商品プログラム攻略コンテンツ『The Minimum Hunter』レビュー 【利益計算ツールもあり】

バリエーション商品で回転を見誤ったり失敗もありますが、ライバル少な目orいない商品が、どんどん見つかってます。

がしかし、こちらはせどりが殆どなので、そのうちわんぱくなセラーにセラーリサーチされて食われないか、ちょっと心配な面もあります(僕は徹底マークされてるので)。

 

ペット商品取扱開始

これまではせどりがメインでしたが、ペット系卸からの仕入れを少しですが取扱開始しました。

商材としては、ライバルが殆どいないものなので、廃盤にならない限り、長く販売を続けられることを期待してます。

こちらも基本的には雷神を使ってローラー的に卸をリサーチしています。

 

ヤフショ売上好調

6月からコツコツ始めたヤフショですが売上が徐々に上がってきています。

先月の売上はこんな感じ。

Amazonと比べるとまだまだしょぼい数字ですが、商品点数を増やしてからは、何かしら売れるようになったので、引き続きコツコツ頑張っていきます。

殆どの商品がAmazonとの併売ですが、割と売れるので面白いです。

 

メルカリShopsに利用申請

9月にサービスインする、メルカリShopsに利用申請しました。

狙いは、ヤフショで販売している自己発送商品の併売です。

恐らく客層も違ってくるので、どんな動きをするのか見定めます。

売れたら売れたで面白いですしね。

 

8月の目標
  • ネット卸商品仕入れを引き続き拡大
  • 独自カタログ作成の強化
  • ヤフショのカタログを増やす
  • 7月の売り上げをキープor上回る
  • 将来を見据えた投資の開始

 

8月は昨年よりも暑くなるそうなので、体調管理にはより一層気を付けて、まだまだ続くコロナ禍の中で、やれることをしっかりやろうと思います。

 

【公開】ちゃんやまショップ2020年のAmazon販売実績と2021年の目標

【おすすめ】電脳せどり最強リサーチツール『雷神』を徹底レビュー!【限定無料特典あり】

先頭に戻る

ランキングに参加しています。

↑クリックで応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください